石油事業

石油事業について

野菜・くだものは、今ではどの季節でも食べられるようになりましたが、これはハウス栽培など生産技術の向上によるものです。そのために石油製品が使われています。また、トラクターやコンバインといった農業機械も石油製品を燃料に動いています。
農産物を運ぶ自動車の燃料であるガソリン・軽油、ストーブ・ファンヒーター等の燃料となる灯油、など生産者の暮らしにとって、石油製品は欠かすことのできない必需品であることがわかります。
JA全農は、生産者の皆様に安定的に石油製品を供給できるよう、日本国内外の業者からの仕入・JAの給油所(SS)等の石油施設への配送を行っています。
さらには、JAに対して給油所を運営するノウハウ提供等を行っています。

石油製品の取扱数量推移

単位:千KL         

石油製品の取扱数量推移表

石油製品の国内需要は、燃費向上や省エネ志向により、減少傾向にあります。本会におきましても、内需と同様に取扱数量が減少傾向であることに加え、平成26年度は消費税率上昇の影響もあり、過去5年間で取扱数量は最も少なくなっておりますが、シェアはほぼ横ばいとなっております。

主要な石油製品の種類

ガソリン
自動車用の燃料として使われるのが主ですが、農業関連では刈払い機の燃料となる混合油の原料として使われます。

灯油
ストーブ等の民生用燃料・鉱工業生産が主ですが、農業関連では米麦の乾燥や寒冷地での加温機の燃料として使われます。

軽油
自動車用の燃料として使われるのが主ですが、農業関連ではトラクター等の燃料として使われます。

A重油
鉱工業生産、船舶の燃料、農業用途では加温機の燃料、茶の乾燥等に使われています。

潤滑油
自動車・トラクター・コンバインといった機械の部品が円滑に動くよう使われています。

石油製品の流通

JA全農のシェア率
主要石油製品(揮発油・灯油・軽油・A重油)は、約1億1千6百万KL(平成27年度)の需要があります。
JA全農は国内有数の石油流通業者です。

油種 JA全農の国内需要に対するシェア(%)
ガソリン 6.2
灯油 7.9
軽油 3.7
A重油 4.5
小計 5.5

石油製品の流通イメージ

石油製品の流通イメージ図

(参考)石油に関する税金
石油製品の価格には、次のとおりの税金が含まれています。(平成26年度)

名称 税額(円 /L)
原油 石油石炭税2.8(地球温暖化対策特例0.76含む)
ガソリン 揮発油税48.6、地方揮発油税5.2
軽油 軽油引取税32.1

石油事業の目標

  1. 生活や営農に必要な石油製品の良質・安定的な供給
    • 石油基地の保有・運営、大型ローリー傭車による機動性を発揮して、国内外の取引先からの仕入を行うことで購買力強化に努め、営農用燃料等の良質・安定的な供給を行います。
    • 揮発油等の品質確保等に関する法律に基づく検査を実施し、良質な石油製品の供給を継続します。
    • JAでの投資・運営が困難な場合、組合員・一般消費者の利便性確保のため、SS運営・経営の受託を実施します。
  2. 事業コストの削減
    • 事業体制の合理化・効率化、物流コストの削減を進め、これまで以上に競争力のある事業体制を構築します。
  3. JA石油事業収支改善支援
    • SSや配送拠点の再編計画の作成・実行の支援を行い、JA石油事業の競争力強化をはかります。
    • JA-SSブランドの周知をはかり、集客力を高めていきます。

JA-SS

JA-SS

  1. JAやJAグループ各社が運営している Service Station(サービス ステーション)のこと。
  2. サービス ステーションとは、給油所(ガソリンスタンド)の意味ですが、燃料を給油するだけの場所ではなく、洗車・オイル交換といった様々なサービスを提供することを目指しています。

あなたの街のJA-SSについての詳しい情報についてはJA-SSホームページをご覧ください。

グリーンガソリン

イネを原料としたバイオエタノールを製造し、そのバイオエタノールとガソリンを混合した「グリーンガソリン(愛称)」という環境にやさしいガソリンを供給しています。