ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2014年11月20日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

JA全農「料理と恋愛に関する意識調査」~男性が女性に作ってもらいたい料理の1位は、「和食」!~

 JA全農では、全国の20~30代の一人暮らし未婚男女400名を対象に、恋愛を意識するクリスマスを前に、料理と恋愛に関する意識調査をおこないました。
 その結果、女性が作りたい料理の1位は「カフェごはん」となりましたが、男性が女性に作ってもらいたい料理の1位は「和食」となり、男女で意識のギャップがあることが明らかになりました。また、男性は料理上手な女性を結婚相手に求めていることがわかりました。
 JA全農・県連・県農協・JAグループ米穀卸では、料理が苦手な女性でも手軽に和食に挑戦できるよう、魅力的な「おむすび」を紹介する取り組みをおこないます。大切な人とのご縁を結ぶおいしいおむすびを「ごえんむすび」と名付け、料理家のSHIORIさんの監修のもと、12月1日より全国の書店でレシピ本「恋するおむすび “ごえんむすび”の作りかた」を発売いたします。
※カフェごはん:カフェで提供されるような、丼物やワンプレート等のメニューのこと。

1.調査結果総括

◆女性が作れたらいいなと思う料理の1位は「カフェごはん」で見た目重視傾向。一方で男性が女性に作ってもらいたい料理の1位は「和食」。しかし、女性の5人に1人が和食作りは苦手と回答。
◆男性は、「性格」「愛情」を重要視しつつも、恋人は「顔」、結婚相手には「料理上手」が大事な条件。
 8割の男性が料理上手だとポイントアップにつながると回答。
◆おいしい和食を作れる女性のイメージは、「家庭的」「料理上手」。
◆男女の76%がお米好きで、よく食べる主食と回答。
◆今年のクリスマスの恋人との理想の食事スタイルは、男性は「お家派」が多数。

 ※調査結果について詳細はこちら。(PDF:150KB)

2.SHIORIさん監修レシピ本『恋するおむすび“ごえんむすび”の作りかた』発売
 創刊を記念して“ごえんむすび”を自分で作って食べられるカフェを期間限定オープン

恋するおむすび“ごえんむすび”の作りかた

 料理が苦手な女性でも挑戦でき、大切な人とのご縁を結んでくれるレシピ本『恋するおむすび“ごえんむすび”の作りかた』を12月1日に発売。監修は、『作ってあげたい彼ごはん』で有名な料理家SHIORIさん。また、創刊を記念して、「東京のお伊勢さま」と呼ばれ、お米との縁が深く、縁結びでも有名な“東京大神宮”でお祓いしたお米で実際に“ごえんむすび”を作っておいしく頂けるカフェを期間限定でオープンします。 
【ごえんむすびサイトURL】 goenmusubi.com (12/1より開設)
 ※レシピ本、カフェについて詳細はこちら。(PDF:166KB)

PDFファイルをご覧になるにはアドビシステムズ社より無償で配布されているAdobe Readerが必要です。お持ちでない場合は、左の“Get Adobe Reader”アイコンをクリックしてください。

一覧に戻る

ページ上部へ