ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2015年07月06日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

新規水稲用殺菌剤「ナエファイン」の共同開発について

 JA全農と日本曹達(株)は、新規水稲用殺菌剤の新製品「ナエファイン」(有効成分名:ピカルブトラゾクス)の共同開発を進めており、平成29年第1四半期での登録を取得し、同年の販売を目指します。

 新製品「ナエファイン」は、イネ苗立枯防除剤では初の1成分で3病原菌(ピシウム菌、フザリウム菌、リゾープス菌)に効果を発揮する剤です。
 本剤の有効成分であるピカルブトラゾクスは、新規の作用機作により菌糸伸長を強く阻害することで、効果を発揮します。このため、既存の殺菌剤に対して感受性が低下した病原菌にも安定した効果を発揮します。
 また、水稲への安全性も高く、根張りもよくなることから健苗育成にも役立つことが期待されます。

 開発製剤は10%フロアブルおよび0.7%粉剤の2種類で、土壌潅注処理、土壌混和処理のどちらにも対応し、安定した効果が期待できます。本剤の販売はクミアイ化学工業(株)1社が担当し、全国の水稲栽培者に供給します。

 今後は、更に「ナエファイン」の試験データを蓄積し、普及性を確認することに重点的に取り組み、登録取得後、平成29年からの本格販売につなげていきます。

一覧に戻る

ページ上部へ