ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2017年01月20日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

みのりみのるマルシェ「南彩(なんさい)の実り」in 銀座三越の開催~めずらしいヨーロッパ野菜13種も販売~

JA全農は1月28日に「みのりみのるマルシェ『南彩の実り』」を銀座三越で開催します。

みのりみのるマルシェは、月刊フリーペーパー「AGRIFUTURE(※1)」で紹介した地域の旬の食材、生産者の想い、受け継がれた文化などを、TAC(※2)や生産者が生活者に直接紹介する催しです。

埼玉県東部に位置するJA南彩は、東京都心から50キロ圏内という立地条件を生かし、生活者ニーズに対応した多品目の生産や、観光果樹園などの取り組みが盛んで、多彩な都市近郊農業を展開しています。

マルシェ当日は、甘みと酸味バランスが絶妙な大粒イチゴ「やよいひめ」、若手農家11人により結成された「さいたまヨーロッパ野菜研究会」のカーボロ・ネロ(黒キャベツ)、ビーツ、ロマネスコなど13種類のヨーロッパ野菜、正月や祝い事で食される縁起ものの野菜「クワイ」、埼玉県の南東部や東京都を原産地とする地方伝統野菜「山東菜(さんとうな)」など特徴ある旬の食材のほか、各種農産加工品を銀座に直送し、地元TACが美味しい食べ方などをご紹介します。

※1 地域の農畜産物や地域の魅力、生産者の生の声を紹介。今回マルシェに参加するJA利根沼田のAGRIFUTUREはホームページで閲覧できます。
※2 TAC(Team for Agricultural Coordination):全国各地のJAとJA全農が組織する農業コーディネートチーム。約1,800名が約9万戸の担い手農家・法人を日常的に訪問し、意見・要望に応えています。

マルシェ概要

開催日時:平成29年1月28日(土) 10時30分~18時00分
開催場所:銀座三越9階銀座テラス 東京都中央区銀座4-6-16
販売品目:「やよいひめ」「13種類のヨーロッパ野菜(カーボロ・ネロ〈黒キャベツ〉、ビーツ、ロマネスコなど)」「クワイ」「山東菜(さんとうな)」など
    ※販売品目は変更になる可能性があります。

みのりみのるプロジェクトHP

一覧に戻る

ページ上部へ