操作概要・動作環境

操作概要

初めてシミュレーションを行う場合の「施肥名人」の操作は以下の手順でおこないます。

被覆肥料

なたね油かす

温度データ(地温、気温)の登録
各種肥料等のパラメーターの登録
  1. メインメニューからシミュレーション設定を選択する
  2. 「期間選択」タブでシミュレーションの種類を選択する
  3. 地温データを選択する
  4. 推定期間(開始日と終了日)を設定する
  5. 「横軸設定」タブでグラフ表示期間を設定する(初期設定は推定期間と同じ)
  6. 必要に応じて、横軸ラベル、縦軸ラベル、オプションの設定などをおこなう
  7. シミュレーションに使用する肥料等を選択する
  8. 肥料、堆肥の場合は施用量と施用月日を入力する
  9. 土壌の場合は作土厚と容積比重を入力する
  10. シミュレーションの種類が窒素吸収量の場合には肥料ごとの利用率を設定する
  11. 「実行ボタン」をクリックしてシミュレーションを実行する

シミュレーション実行後は、再び5~8の手順に戻って、条件を変えて繰り返しシミュレーションをおこない、必要があれば結果を保存したり、印刷したりします。

動作環境

パソコン本体 PentiumまたはCeleron1GHz以上
メモリー Windows XP 256MB(推奨512MB)
Windows Vista 1GB(推奨2GB)
Windows 7 2GB(推奨4GB)
ハードディスク空き容量 200MB 程度
OS 32ビット版
Windows XP/SP3,Windows Vista/SP2,Windows 7/SP1
64ビット版
Windows 7/SP1
DB Access2010 MDB
開発言語 Visual Studio .NET 2010
実行環境 .Net Framework 4.0

※32ビットとして開発しており、64ビットOSではWOW64環境で32ビットアプリケーションとして実行します。

BB肥料