産地レポート JAさが みどり地区 橘地区 安心システム米生産者

産地ご紹介  佐賀県農業協同組合

 JAさがは2007年4月に佐賀県内8JA(佐城、佐賀市、諸富町、富士町、さが東部、神埼郡、佐賀みどり、白石地区とJA佐賀経済連)が合併して広域JAとして生まれ変わりました。

 県南は、佐賀平坦地域で筑紫平野と佐賀平野を構成しています。この地域は大変肥沃で、水利のよい土地としても有名です。

 佐賀県の南西部に位置するみどり地区は、稲作を中心に、麦、大豆、温州みかん、デコポン、茶、牛、豚、バラ、ユリなどの特産を誇ります。

 また、武雄温泉は有名で、当時オランダ医師のシーボルトや剣豪宮本武蔵などの著名人が立ち寄った記録が残っています。さらに嬉野温泉は日本三大美肌の湯としても有名です。

 佐賀の農産地域と観光、歴史の町として全国でも有名です。

エリア紹介

黄色で表示された武雄市内に橘地区があります

地図

生産者紹介

 橘地区「さがびより米スター(読み方:さがびよりマイスター)」のみなさん

橘地区「さがびより米スター」の皆さんからメッセージを頂きました。

※「さがびより米(マイ)スター」とは、
「さがびより」の作付け実績があり、優れた栽培技術を持つ生産者の呼び名であり、高品質なお米を作るため、栽培指導を行っています。毎年、食味のよいお米を作る匠の技がここにあります。

 橘地区「さがびより」の田んぼ(平成27年8月19日撮影)

 分けつ2週間ほど経過、水田は浅水管理されていました。
 まだまだ収穫までには時間がかかりますが、稲は順調に丈を伸ばし、すくすくと成長しています。
 今年の「さがびより」も良食味のお米に育っています。
 さがびより米(マイ)スターの江頭さんが管理する圃場です。

稲穂の中にはもう粒を形成
ぎっしり詰まっていますね。
 地域で配信している「橘米どころ通信」。
 色々なデータやトピックスを紹介しています。
 Webサイトでも閲覧することができます。

 武雄市橘町ホームページへ
 >> http://tachibana-net.jp/

さがびより

 橘産「さがびより」です。市場ではあっという間に売れてしまうそうです。
 今年の秋に収穫した「橘産さがびより」は翌年の1月〜2月には完売するとのこと。
 橘地区で栽培された「さがびより」に是非注目してください。

 商品の「橘産さがびより」の画像をみて気が付かれましたか?
 そうです、「さがびより」のお米の袋は、透明でその中身がしっかり見えますね。
 最近のお米の袋は包装のデザインにより購入前に中身を見ることがなかなかできません。
 さがびよりの米袋は、中身の「さがびより」の品質と信念を持って栽培した生産者の思いが伝わるように、透明の袋のデザインを採用することになったそうです。

 武雄市橘町ライスセンター利用組合長の前田さんは言います。
 「橘地区の生産者は、佐賀県内で同じ品種のお米を栽培しています。県内の栽培基準とその地区での一番良い環境で栽培できる手法を取り入れています。橘地区でもお客様の声を自主的にリサーチし、販売者様との連携でこの“さがびより”を生産して出荷しています。
 どうして美味しいの?と聞かれれば、その年ごとに変わる環境にすぐに対応し、生産者同士でさまざまな知恵を分かち合い、その結果、橘地区で統一された高品質米を生産できていること、本当にみんなで美味しい米づくりをしていることだと思います。
 この米袋(べいたい)が透明なのはそんな生産者全員の思いから、見えるお米を自信をもって消費者の皆様へお届けしている証なのです。」

 取材を通して生産者の皆さんから、橘地区のお米を全国の皆さんに食べていただきたいという気持ちがとても感じられました。

「全農安心システム」認証書

 今年度も第三者の視点による検査・審査を受け、全農安心システム認証を更新しました。
 安全性が確保でき、安心を届ける取り組みを強化するとともに、さがびよりの栽培基準である「水稲栽培暦」のさがびより栽培のポイントも遵守しています。

認証書

武雄市橘地区の紹介

 佐賀県西南部に位置する橘地区、武雄市街から鹿島市方面に向かう途中にあります。
この地区は、弥生時代の“みやこ遺跡”をはじめ“おつぼ山神籠石”“玉島古墳”“潮見古墳”“潮見神社”などの文化財が多く点在しています。奈良時代からの条里制度の名残があり、古くから水田の地として稲作が盛んに行われていました。

 現在では、地区内を縦断する長崎自動車道、国道498号線や潮見河童伝説が残る六角川があり、治水環境を整えた県営圃場整備事業がほぼ完了しており、とても質の高い農産物、米を生産しています。
橘地区はもともと、佐賀県内でも水利の便に恵まれた産地として有名です。

生産者およびJA職員の声 〜橘町米関係者より消費者の皆様へ〜

武雄市橘町ライスセンター利用組合

 佐賀県内でも、この武雄市橘地区の「さがびより」は特に自慢の佐賀米です。私たち武雄の生産者はみんなの気持ちを一つにして、消費者の皆様から橘の米が欲しいと言われるように、毎年米づくりに専念しています。
 どうしたら消費者の皆様に、おいしいお米が届けられるか。
日本の各地の米処を探訪した時期もありました。正直に申せば、このお米には勝った!という日もあれば、参った・・・という「お米」に出会った日もありました。まだまだ満足のいかないこともありますが、私たちは今「橘産さがびより」と声を大にして皆様へ提供できる「米」に仕上げています。
 是非、武雄市橘地区で栽培されたお米「さがびより」をご賞味ください。

佐賀県農業協同組合 杵藤エリア 営農部

 JAさが管内でも、杵藤エリアでは米作を中心に活発な生産を行っています。橘地区としては当初「夢しずく」という品種で全農安心システムを活用して栽培しておりましたが、平成19年度より研究圃場にて現在の「さがびより」栽培へ移行し、高品質米「さがびより」へとたどり着きました。
 全農安心システムのメリットを生かした高品質米「さがびより」は、地域おこしの起爆剤でもあり、農家、地域、流通、JAが一丸となって消費者の皆様へお届けする高品質「さがびより」を生産しています。

佐賀県農業協同組合 武雄支所 営農経済課

 平成21年度から「さがびより」は全農安心システム認証を継続し、毎年、第三者機関の検査・審査を受けており、栽培基準に基づき、生産体制を整えた高品質米として定評です。
 橘の地域性や人の気質が、この「さがびより」の品質をもたらし、生産者の努力が結集した佐賀の代表的な米であると思います。
県内の米産地すべてにおいても、こうした努力をお互いに磨きあげ現在の佐賀産米があるものと信じています。
 橘地区では、農家と町とJAが協力して都市圏の消費者の皆様へ、その年の栽培状況を常に情報配信しアピールしております。
 是非、ホームページも訪れてみてください。

販売への意欲

 九州全域はもちろん、関西方面、関東(東京などの都市圏)への積極的なアプローチをしており、流通・販売店様とのコミュニケーションを頻繁に行い、消費者の皆様のご意見を常に受け取り、次年度栽培へ全農家で研究しながらチャレンジしています。

佐賀米の美味しいところ!

 米作りに適した風土を生かし、県内は平たん部や山間部で多くの作付を有します。橘地区は主に平たん部で、治水管理が行き届いた稲作地域です。
 特にこの「さがびより」は平成22年度産米から、日本穀物検定協会主催の『米の食味ランキング』において、9年連続の“特A評価”をいただいています。まさに、「つや」「粒の大きさ」「もっちり感」「甘み・香り」「冷めても美味しい」と五つの拍子がとれたバランスのいいお米です。産地の力と、栽培している農家の気質と愛情が一粒一粒にこもっていることが評価となっています。

「さがびより」の由来

 がばいうまいっ!さがびより!佐賀県の方言で、「よか日和の〜」と天気の良い日の会話があります。
佐賀県の米、そしてなにより天気がよければ、すべて良しという県民の朗らかさがこの「さがびより」のネーミングの元ともなったということです。一文字一文字にその思いが込められたネーミングです。

さ ・・・ 米のうまが誇り
が ・・・ 町で噂のばいうまいっ!
び ・・・ もっちりっくり「さがびより」
よ ・・・

甘みいツヤ、よい香り

り ・・・ りょう自慢も選ぶ米

ライスセンター(共乾施設)の紹介


旧看板

施設全景

倉庫

色彩選別機

協同乾燥施設前の水田

乾燥施設外観

組合名簿看板

私が作っています!

 (※今回は取材者を掲載)
角行男さん 中島薫さん 松尾國廣さん
江頭和彦さん 吉永忠司さん

 今年も、心をこめて栽培した「さがびより」の新米が店頭に並びだした頃でしょうか。
甘くてもちもち、炊きたてはもちろん、お弁当やおにぎりになっても美味しいお米の出来上がりです!
取材者も「さがびより」の炊きたてをご馳走になりました。まずは、匂いを楽しみます。ご飯をお箸で適度につまみ、パクッと口へ運びます。ほかほかの湯気、口の中で米の甘みがジワーッと感じることができます。おかずに味があるように、ご飯(米)にも味がある。そんな印象を持ちました。
次は、おにぎりにして、「さがびより」を楽しんでみます!
 取材中は、橘地区の皆様に大変お世話になりました。佐賀の気質、人情味のある橘の皆様、ありがとうございました。お米にから伝わる、「さがびより」の味は、皆様の人柄そのものですね。
是非、全国のお母さんやお子様に食べてほしいお米です。安全、安心はもちろん、佐賀のおいしいお米のご紹介でした。がばいっ!うまい!絶対です。
 しかし、ご注意を!人気の「さがびより」はあっという間に店頭から売り切れの連絡があるほど・・・
お店でチェックしてみてください!