生産方式と詳細

全農ET研究所では,受精卵及びET妊娠牛の取り扱いを行っております。
取り扱い品目は本場と分場で分けております。

1.受精卵 

受精卵の生産方法には,下記の3通りがあります。

(1)

ET研究所生産方式:
全農が所有する供卵牛に全農精液を交配して生産した受精卵。
生産場所:本場,分場
詳細はこちら


(2)

預かり精液生産方式:
全農が所有する供卵牛に預かり精液を交配して生産した受精卵。
生産場所:本場,分場
詳細はこちら


(3)

預かり供卵牛生産方式:
預かり供卵牛に預かり精液を交配して生産した受精卵。
生産場所:本場
詳細はこちら

2. ET妊娠牛

雌育成牛(乳牛,交雑牛)に受精卵(乳牛,和牛)を移植したET妊娠牛を製造しています。

 

預かり受卵牛生産方式:
預かり受卵牛に受精卵を移植したET妊娠牛を製造・供給しています。
生産場所:本場
詳細はこちら