ET研究所生産方式
全農供卵牛 × 全農精液 型

*2012年2月よりETセンターはET研究所に名称変更いたしました。

取り扱い条件:
1.

全農供卵牛に,血統を勘案して人工授精して受精卵を製造します。

2.

受精卵製造する際に使用する供卵牛の品種・使用精液は,黒毛和種およびホルスタイン種です。

3.

受精卵価格は供卵牛の血統別,使用精液別に設定しております。

4.

ET研究所から輸送した容器は着後すみやかにET研究所に返却願います。


なお、タンク返送時の送料についてはご負担をいただいております。

更に詳しくお聞きしたい方は最寄りのJA・県連・県本部等もしくはET研究所にお問い合わせ願います。