全農ダイレクト凍結法

(特許No. 特願平5-78447)

特徴
(1)
融解から凍結までの操作が凍結精液並みに簡単です。特別な技術・機器を必要とせず、融解から移植まで10分以内で行うことができます。
(2)
受胎率が高く、ステップワイズ法以上の受胎率が期待できます。
融解から移植までの操作
(1)
液体窒素タンクから受精卵の入ったストローを取り出し、空気中で7〜10秒保持します。
(2)
25〜35℃の温湯中にストローを融解します。10〜20秒ほどで結構です。
(3)
ストローの水気を拭き取り、シールした先端から5mm程度のところを清拭後カットします。
(4)
移植器にセットし移植します。
全農ダイレクト凍結法の移植成績
 年度 移植例数 受胎頭数 受胎率
 2001 460 323 70.2%
 2002 420 287 68.3%
 2003 455 320 70.3%
 2004 640 464 72.5%
 2005 497 337 67.8%
 合計 2472 1731 70.0%