にしの風2019年4月号
12/16

NCC・JA全農ながさき 第25回おかあさんの詩コンクール 入賞作品紹介「お母さんとわたし」おばあちゃんに見せてもらった むかしのアルバム「あれ? これ わたし?」しゃしんにうつったわたしにそっくりな えがおの女の子「ちがうよーゆうりのお母さんだよ」わたしとお母さん どうしてこんなににてるのかな?O型で蚊にかまれやすいところめんどうくさがりなところハナがつまりやすいところおこったかおなんだへんなところばっかりにてるねでも ちょっとだけ うれしいんだわたし さいきん またすこし背がのびた「あー背ぬかしたらゆるさんけんねー」とお母さんが言ったちびっこなお母さんなんか すぐにぬかしてあげるって言ったらお母さんわらってたにているけれどぜんぜんちがうこれからも なかよくけんかしようね【選  評】 ただ単にお母さんと自分との似ている点を挙げてみるだけでは終わらずに、二人が「にているけれどぜんぜんちがう」と気づいたこと自体が、優里さんの成長のあかしだと思います。「なかよくけんか」できるとても良い関係、微笑ましいです。 立派なところやスゴイところもいいんだけど、大切な人とは「へんなところ」が似ている方がなぜだか妙に嬉しい気持ちになります。受 賞受 賞NCC賞長崎市立畝刈小学校2年美貴 優里さん素直なまま、すくすく成長して下さいね。いつも、まいにちわたしをそだててくれてありがとう。ご家族から子供さんへ一言メッセージ子供さんからご家族へ一言メッセージ12にしの風

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る