にしの風2020年3月号
3/12

特Aを獲得した「にこまる」長崎県産「にこまる」2年連続特A獲得令和元年産米の食味ランキングトピックス 日本穀物検定協会が公表した令和元年産米の食味ランキングで、長崎県産「にこまる」が特A評価を獲得しました。昨年に続き2年連続の特A獲得となりました。 米の食味ランキングは、日本穀物検定協会が実施し、食味試験で産地銘柄ごとに米の食味を「特A」「A」「ʼA」「B」「ʼB」の5段階で格付け。複数産地の「コシヒカリ」のブレンド米を基準に、外観・香り・味・粘り・硬さ・総合評価の6項目で評価します。 近年は販売促進のツールとして定着してきており、流通関係者の関心も高くなっています。令和元年産は、155産地品種が評価され、そのうち特A評価が54銘柄と過去2番目に多い結果となりました。 「にこまる」は、粒が大きくしっかりしていて、食感はなめらかで粘りがあるのが特徴です。令和元年産は天候不順や台風襲来に見舞われ、食味への影響が懸念されましたが、生産者の栽培努力により、見事、特A獲得となりました。 JA全農ながさきは、今後も長崎県産米の銘柄確立と有利販売に向け、JA・県関係機関等と連携して取り組んでいきます。3にしの風

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る