お知らせ

自分で作ったみそが一番美味しい/平成29年度塩きり麹みそコンクール開催

2017年12月28日
JA全農九州生活事業所 長崎推進課

JA全農九州生活事業所 長崎推進課は、12月7日にチョーコー醤油(大村市)で、平成29年度塩きり麹みそコンクールを開きました。

このコンクールは、塩きり麹を使った安全・安心なみそを、女性部会員が自ら作ることにより、手作りの味をご家族で楽しむとともに、健康で豊かな食生活に貢献することが目的で開催しています。

県内4JAの女性部会員の自慢のみそ214点が出品され、審査の結果、最高賞の特等賞には、JAながさき県央 小野支店の高比良勝子さんが輝きました。

審査は、県内JAの女性部部長を始め、醤油メーカーなど16人で行い、第二次審査では、みその原料別(米・麦・合わせ)に「色・香り・味・組成」の4項目について5段階評価を行い、決定しました。

受賞した高比良さんは、15年前から母親の後を引き継いで、自家製のみそを作成しており、毎年、米、合わせの2種類のみそを75キロ仕込んでいる達人。家族や地域の方にも分けているが「賞を獲ったことで自信を持っておすそ分けできる」と喜びを語りました。 

審査員は「誰しも自分で作ったみそが、一番おいしいと思う。みその消費は年々減ってきているので、手作りみそを作ってもらうことによって、普及に繋がればよいと思う。」と総評しました。

全農は、これからも安心・安全な食の普及をすすめるため事業に取り組んでいきます。

他の受賞者は以下のとおりです。

1等賞:峯 登美子さん(JA長崎せいひ 茂木支店)、長尾 のぶ子さん(JAながさき県央 長田支店)

2等賞:松尾 智寿子さん(JAながさき県央 高来支店)、田崎 みづ子さん(JAながさき県央 諫早北支店)、岩永 朋美さん(JAながさき県央 長田支店)

3等賞:松本 すま子さん(JAながさき県央 長田支店)、福井 繋子さん(JAながさき県央 高来支店)、平松 ツギさん(JAながさき県央 諫早北支店)、柴原 恵さん(JA長崎せいひ 茂木支店)