安全な食品を消費者にお届けするため、農産物や加工食品などの残留農薬の分析を行っています。

新しいウィンドウが開きますは、新しいウィンドウが開きます。 PDFファイルについて

食品中の残留農薬の検査

当室では民間検査機関として残留農薬の自主検査を行っています。
約250成分の農薬成分をスピーディに検査する「迅速一斉分析法」と農薬成分をご指定いただく検査があります。
なお、2021年4月より検査成分が追加されました。

 

作物残留試験(残留分析)

農薬の安全な使用法を設定するため、農薬処理後の農産物中の残留量を調査する試験で、農薬登録に必要な試験です。

当室では残留分析を行っています。

 

JAグループ残留農薬分析研究会の開催

全国のJAグループ残留農薬検査機関の技術者を対象とした研究会を毎年開催しています。本研究会の概要はグリーンレポートに掲載しています。

 

分析手法の改良と開発

残留農薬分析に関するさまざまなご要望に迅速にお応えできるよう、分析手法の改良と開発を行っています。

 

最近の研究発表

2019年  水素キャリアガスを用いた残留農薬分析(第42回農薬残留分析研究会)
2018年  多成分一斉分析におけるチオジカルブ等の挙動
大豆中のグリホサートおよびグルホシネート迅速分析法
(第41回農薬残留分析研究会)
2017年

試料採取量の少量化による分析値のばらつきについて
(第39回農薬残留分析研究会、日本農薬学会第42回大会)
殺菌剤のリンゴ葉への付着について(第二報)−減衰に与える降雨の影響−
(日本農薬学会第42回大会)
麦の残留農薬一斉分析法の検討(第112回日本食品衛生学会学術講演会)

2016年  JAグループで実施した残留農薬分析における外部技能試験成績に関する考察(第41回日本農薬学会) 
2015年  殺菌剤のリンゴ葉への付着について(第一報)-リンゴ葉からの抽出法- (第40回日本農薬学会)

 

 

残留農薬の分析に関するご相談は、下記の連絡先までお問い合わせください。

  TEL:0463−22−1902  メール:zz_zk_zanken@zennoh.or.jp