国産農畜産物の生産維持・消費拡大のために、生産から販売まで一貫した商品開発と、省力化・低コスト化を実現する生産技術の研究・開発に取り組んでいます。

新しいウィンドウが開きますは、新しいウィンドウが開きます。 外部リンクは、外部サイトにリンクします。 PDFファイルについて

品種の開発・選定と生産技術の開発

品種開発の分野では国内外の企業・団体と連携し、生産と販売の視点に立った品種の開発・選定を行っています。水稲においては、農研機構と連携した業務用多収品種の開発・選定・普及、施設園芸品目においては、本会所有の「全農トマトランド」で公的研究機関・種苗メーカーの特長ある品種の選定・普及を中心に取り組んでいます。

また、露地園芸品目においては、省力・低コスト・安定生産を実現するため、タマネギやキャベツ直播栽培などの新しい生産技術の開発・普及を行っています。

 

農畜産物の成分に関する研究と開発

国産農畜産物の販売力強化と生産者所得向上への貢献を目的に、成分分析、官能検査、鮮度保持試験、微生物検査、クレーム分析等を行い、生産から販売における課題解決に取り組んでいます。

主な研究・開発課題は、農畜産物における鮮度保持技術の検証および開発、青果物の品質の周年変動の解明、栽培技術が青果物の品質に及ぼす影響の解明、農産加工品(ジャムなど)の開発支援、食肉・卵およびその加工品の賞味期限の設定と成分特性評価などです。あわせて、商品・品種の特性を評価できる分析手法の開発を行っています。

 


各種レポート 下記のリストをクリックすると、PDFで表示されます。


関連リンク