担い手・営農支援

新潟県農業の「担い手」を総合的に支援

これからの日本農業の中心となることが期待されている「担い手」に対して、JAと一体となって生産から販売までをトータルに支援しています。

実証展示圃

水稲栽培における労働費低減、生産性向上に資する技術の実証に取り組んでいます。

スマート農業技術推進実証圃

目的

  1. ドローンを活用した一貫作業体系(直播、農薬散布、追肥)による省力化技術の普及
  2. 自動給水装置の性能評価試験
  3. センシングによる生育量調査
水稲品質向上総合対策実証圃

目的

コシヒカリの栽培基本技術(土づくり肥料の施用、深耕、適期移植、的確な水管理)の総合的な実践による安定した収量・品質の確保
水稲多収性品種実証展示圃

目的

本県に適した多収性品種の選定や多収技術の普及
スマート農業に関する動画はYouTubeチャンネルでご覧ください!

スマート農業について

1.ドローンの活用

ドローンは、農薬の散布にとどまらず、肥料散布や水稲種子の直播、生育分析、病害虫の管理、果樹の養液受粉、鳥獣害対策等においても研究・開発がされており、普及が期待されています。

また、各種実証試験をおこないドローンに関するノウハウを蓄積しています。

ドローンライセンス取得助成あります!

詳しくはJA農機センターとJA全農にいがた農業機械課までお問い合わせください。

2.営農管理システム(Z-GIS)の導入

経営の大規模化により煩雑化した圃場管理作業をサポートします。圃場毎の作業内容(作業時間や施肥・防除履歴等)を記録し、クラウド化することで情報の共有化を実現します。

Z-GISの特徴

圃場管理の効率化を目的に開発し平成30年4月25日からサービス提供を開始しました

1.簡単な管理

圃場の位置情報(座標データ)とExcelデータを紐付けて管理します。圃場毎の作付計画や作業内容等、管理したい項目をExcelで簡単に追加・記録できます。

2.データの視覚化

記録した情報は地図上にわかりやすく「見える化」できます。

3.共有が出来る

データをクラウド上に保管することで複数名で共有できます。

4.高解像度地図

高解像度の航空写真を使用し見やすい地図を提供しています。

31日間無料でZ-GISを試す。

圃場情報の電子化とクラウド活用で効率的な営農管理を実現するZ-GISを今すぐ試してみませんか?お申込みは一切不要です。

詳しくはこちら

労働力確保支援について

労働力確保に対する支援について、県内JAの職業紹介の取り組みや、農業者と求職者をつなぐマッチングアプリなどをご紹介します。

詳しくはこちら