しいたけ

厚い肉が自慢のきのこ。

「しいたけ」は、大きく分けて2つの栽培方法があります。1つは原木栽培といい、シイやクヌギなどの木にしいたけ菌をつけた種駒を埋め込み、発生させる方法です。もう1つは菌床栽培といい、おがくずなどを固めたブロック状の菌床にしいたけ菌を植え付けて発生させる方法です。1年中栽培できるということで、現在では全国的に菌床栽培が主流となっています。新潟県では中・上越地域での菌床栽培が盛んですが、下越・佐渡地域では原木栽培が根強く残っています。