JA全農とっとり

書籍紹介

鳥取県における農作物の沿革史や、果樹栽培についてなど、詳しい文献がほしいという方はぜひ参考にしてみてください。

月刊 因伯之果樹

梨・柿・ぶどうを中心とした果樹の栽培技術、市場情報などをわかりやすく解説した果樹機関紙。

編集 全国農業協同組合連合会鳥取県本部
サイズ・ページ数 A4版平均50頁
年間購読 6,108円(送料・税込み)

最新号・バックナンバー

お申し込み

専門書籍

鳥取県の柿沿革史
編集者 米山 寛一(農学博士)
サイズ・ページ数 B5版全280頁
発行年月日 平成5年3月25日発行
発行所 鳥取県農業協同組合連合会
内容
  • 序章 柿の歴史をさかのぼる
    前編 鳥取県の柿の歴史
    1. 西条柿の歴史
    2. 新平柿の歴史
    3. 花御所柿の歴史
    4. 富有柿の歴史
    5. 在来柿の歴史
    6. 柿販売の歴史
  • 後編 昭和後期の柿栽培の変遷
    1. 試験地と産地の幕開き
    2. 栽培指導の組織化
    3. 選果・荷造りの変革
    4. 富有柿時代の到来
    5. 高度経済成長のしわ寄せ
    6. 水田作物と西条柿の台頭
    7. 地柿は強し
    8. 県経済連から県果実連へ
    9. 昭和後期の柿栽培の変遷年表
鳥取県ぶどう柿沿革史
編集者 米山 寛一(農学博士)
サイズ・ページ数 B5版全302頁
発行年月日 平成8年3月31日発行
発行所 鳥取県農業協同組合連合会
内容
  • 序章 甲州ぶどうの由来
    1. 果樹栽培草分け期のぶどう
    2. 大正時代のぶどう
    3. 昭和初期のぶどう
    4. 昭和二十年代のぶどう
    5. 新体制・新技術はじまる昭和三十年代
    6. 甲州ぶどうの受難と衰退
    7. 多品種時代三十年間の変転
    8. 産業としてのぶどう
    9. 鳥取県ぶどう沿革史年表
    10. 刊誌「因伯之果樹」にみる鳥取県ぶどう栽培の変せん
    11. ぶどう産地を築いてきた栽培者の名簿
鳥取県すいか柿沿革史
編集者 内田 正人(農学博士)
サイズ・ページ数 B5版全212頁
発行年月日 平成12年1月18日発行
発行所 全国農業協同組合連合会 鳥取県本部
編集・発行 全国農業協同組合連合会
内容
  • 序章 すいかの起源と由来
    • 第一章 わが国におけるすいか栽培の始まり
    • 第二章 鳥取県におけるすいか栽培の勃興
    • 第三章 鳥取県すいかの受難と復興
    • 第四章 第二期黄金時代の到来
    • 第五章 主力産地のすいか栽培の取り組み
    • 第六章 技術にささえられたすいか栽培
    • 第七章 すいか技術発達の軌跡
    • 第八章 すいか集出荷体制の充実と近代化施設
    • 第九章 すいかの販売対策
    • 第十章 すいかとイベント すいか関連資料編
鳥取県砂丘らっきょう柿沿革史
編集者 内田 正人(農学博士)
サイズ・ページ数 B5版全245頁
発行年月日 平成13年10月1日発行
発行所 全国農業協同組合連合会 鳥取県本部
編集・発行 鳥取県砂丘らっきょう沿革史編集委員会
内容
  • 序章 らっきょうの起源と由来
    • 第一章 わが国におけるらっきょう栽培の始まり
    • 第二章 鳥取県におけるらっきょう栽培の歴史
    • 第三章 主力産地のらっきょう栽培の取り組み
    • 第四章 技術に支えられたらっきょう栽培
    • 第五章 らっきょう技術発達の軌跡
    • 第六章 らっきょうの集出荷体制の充実と近代化施設
    • 第七章 らっきょうの販売対策
    • 第八章 らっきょうとイベント
    • 特集  砂丘らっきょうと共に五十年を歩む
くだものつくりの基礎
編集者 林 眞二
(鳥取大学元学長)
田辺 賢二
(鳥取大学教授)
<共著>
サイズ・ページ数 B5版全182頁
発行年月日 平成13年5月20日(四刷)
発行所 全国農業協同組合連合会 鳥取県本部
内容
  • 第1編 果樹栽培の見方、考え方
    • 第1章 果樹栽培の特徴
    • 第2章 花芽分化と果実発育
    • 第3章 貯蔵養分と樹体、果実の生長
    • 第4章 休眠期の生理
    • 第5章 水分生理
    • 第6章 梅雨と栽培
    • 第7章 栄養生理と施肥
    • 第8章 整枝・せん定
    • 第9章 生理的障害
    • 第10章 繁殖と台木
    第2編 果樹栽培の基礎生理
    • 第1章 花芽形成
    • 第2章 開花と受精結実
    • 第3章 幼花の発育と摘果
    • 第4章 果実発育と成熟
    • 第5章 果実の成熟と貯蔵性
    • 第6章 光合成と果実生産
    • 第7章 樹体、果実の生長と貯蔵養分
    • 第8章 土壌環境と根および無機栄養
    • 第9章 施肥と土壌改良
    • 第10章 袋かけと果実品質・外観
    • 第11章 生理障害
    • 第12章 樹体の生長周期
    • 第13章 整枝・せん定および夏枝管理
    • 第14章 接木
写真で見る 高品質・多収栽培を実現した
稲村清臣氏の梨せん定の秘訣
編集者 藤原明康
サイズ・ページ数 A4版 全30頁 オールカラー
発行年月日 平成13年3月発行
発行所 全国農業協同組合連合会 鳥取県本部
内容

稲村清臣氏(倉吉市森)は、県下はもとより、全国に知られた二十世紀梨づくりの篤農家です。氏は現状の技術に甘んじることなく、絶えず最高の技術を追い求め、高品質・多収栽培を実践してこられました。

県下のゴールド二十世紀等への新・改植にあたっては、若木時代に使用する「かずら枝」を平坦地で長期間維持するためには、いかにすべきかが重要な課題となっており、稲村技術はまさにこのかずら枝の実践技術であり、この技術を修得する意義は極めて大きいと考えます。

稲村氏が長年かかって完成した技術の一端をとりまとめた本です。

  • Ⅰ 空間を効率的に利用する
  • Ⅱ 主枝・亜主枝先端部を強化する
  • Ⅲ 待ち枝をつくる
  • Ⅳ 充実した側枝をつくる
  • Ⅴ 充実した果台を維持する
  • Ⅵ グラフで見る稲村氏のせん定技術

お申し込み

JA全農とっとり 園芸課

お申し込み お申し込みフォーム
TEL 0857-32-8335
FAX 0857-31-2242