JA全農えひめ

事業内容

JA全農えひめの仕事・役割

JA(農業協同組合)は、参加と結集を基本に、農家が組合員となって様々な事業・活動(農政・広報活動、信用事業、経済事業、共済事業、厚生事業など)を行う協同組合組織です。

JAが出資して作った、経済事業を担う全国的な組織がJA全農(全国農業協同組合連合会)です。

※JA全農が担う経済事業とは、農家組合員の皆さんが生産した農畜産物を消費者に届ける「販売事業」、農家組合員の皆さんの農業生産や生活に必要な資材を共同で購入し供給する「購買事業」をいいます。

JA全農えひめ(全国農業協同組合連合会 愛媛県本部)は、米や麦・大豆、果実や野菜・花、食肉など農畜産物の生産・販売、農家の営農や生活に必要な資材(肥料・農薬・農機・段ボールなどの「生産資材」、生活用品などの「生活資材」)の供給といった事業(これらJAが行う事業の支援・補完)を通じて、県内のJAと一緒になって、消費者の皆さんに安全で安心・新鮮な農畜産物をお届けするとともに、元気な愛媛農業・産地づくりに取り組んでいます。

営農食糧部

営農支援課

  1. 「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」に向けて、「農家手取り最大化プロジェクト」の推進事務局として部門間連携の更なる強化に努めています。
  2. TACを核とした「出向く営農」活動の充実や、「JAグループ愛媛担い手サポートセンター連絡協議会」を通じて、担い手への総合支援やJAの人材育成等に向けて一体的に支援する取り組みを進めています。
  3. 「えひめの食」企画を核に関係機関と連携し、県産農畜産物の消費拡大や販路拡大に取り組むとともに、食の安全安心対策の周知による信頼される産地づくりに努めています。
私たちのメッセージ
  • 私たちは、新鮮・安全・おいしい"旬"の愛媛農産物をお届けいたします。
  • 私たちは、「農業者の食生活の知恵」、「農業者の思い」、「食文化情報」を提供いたします。
  • 地域の皆様とともに、地域・風土に根ざした健康で豊かな食生活づくりを進めるとともに、皆様のご理解とご支援をいただく中で、活力ある愛媛農業を創ってまいります。

食糧生産課

  1. 米・麦・大豆の生産振興、生産指導と集荷・販売の役割を担っています。また、高品質・良食味の米麦を求める消費者・実需者ニーズに応えるため、新品種・新技術の導入普及に取り組んでいます。
  2. 米は、適地適作を基本として、「売れる米づくり」とブランド化を推進しています。(株)ひめライスとともに、県域生販一貫体制に基づき安全で安心な愛媛の米を、県内消費者の皆様にお届けしています。
  3. はだか麦は、34年連続生産量日本一(令和2年産実績)を誇る、愛媛の特産品です。実需者のニーズに合った麦づくりと販売拡大に取り組んでいます。

園芸部

果実課

  1. 愛媛チームとして、販売体制強化による市場への有利販売、提案型販売強化による売り場確保・拡大、規格・荷姿提案による商品力の向上とコスト削減に取り組んでいます。
  2. 愛媛産果実の消費拡大・購入促進を図るため、「えひめの食」企画、「オレンジロード」を通じた対面型消費宣伝活動の強化と情報発信、販売事業と連動した効率的な販売促進活動など、消費者への効果的な産地アピールに取り組んでいます。
  3. 「高品質果実生産支援対策事業」により園地の若返りや新品種・新技術の導入・普及を進めるとともに、愛媛県果樹同志会やJA愛媛果樹技術指導員会等を通じて高品質果実安定生産と産地基盤強化に努めています。

愛のオレンジロード

JAタウン

野菜花卉課

  1. 野菜・花卉・椎茸・お茶などの生産振興・販売、消費宣伝活動、価格安定事業ならびに菌床センターにおける菌床椎茸のブロック供給、愛媛さといも広域選果場の広域選果機能を活用した生産から販売の一元化等を通じて、農家所得向上と産地基盤強化に努めています。
  2. 県域販売(県本部・JA一体)による総合力を発揮し、京阪神地区・県内を中心に周年供給・企画販売等に取り組むとともに、JA愛媛野菜生産者組織協議会と連携する中で生産者参加型消費宣伝活動・情報発信を通じて、「えひめ野菜」の知名度の向上と販売強化に努めています。
  3. 基幹品目の基盤強化に加え、加工業務用品目を中心とした新規産地づくり、省力技術、流通の効率化に向けた実証などに取り組んでいます。

JAタウン

直販課

  1. 愛媛産青果物の有利販売と農業者所得の向上に向けて、JAと連携し、ギフトや量販店等への販路拡大、県本部間取引等の事業連携とネットワーク構築など、多元的な販売チャネルの開拓と直販事業の開発・拡大に努めています。

愛のオレンジロード

JAタウン

畜産部

畜産課

  1. JAと連携して畜産農家に種豚・肥育用素牛など素畜の供給、肉牛・肉豚を集荷するとともに、安全・安心・良質な畜産物生産のための技術・衛生指導を行っています。
  2. 生産農家・JA、畜産販売課や関係会社と連携して、伊予牛『絹の味』、『ふれ愛・媛ポーク』のブランド化を推進し、農家の経営安定と生産基盤の確立に努めています。
  3. 高齢化・後継者不足等による廃業が加速する中、畜産クラスター事業や行政対応の支援、県内の休閑施設利用や畜舎増改築、規模拡大など多様なニーズに対応し、畜産生産基盤の再構築・創生に取り組んでいます。
  4. 県内の畜産農家が生産し、JAえひめアイパックス(株)で処理された牛肉・豚肉を県内外に販売しています。
  5. 伊予牛『絹の味』、『ふれ愛・媛ポーク』のブランド普及・定着と販売拡大に向けて、キャンペーン等の消費宣伝活動を展開し、消費拡大と有利販売に取り組んでいます。

絹の味

ふれ愛・媛ポーク

生産資材部

肥料農薬課

  1. 「農家手取り最大化」に向け、一般高度化成肥料共同購入や果樹配合肥料を統一し銘柄集約によるスケールメリットの創出と農薬担い手直送規格・大型規格の拡大、県域物流体制の再構築によりトータルコスト生産低減に取り組んでいます。
  2. 「安全・安心な農産物づくり」を実践するため、土壌診断に基づく適正施肥指導や病害虫発生予察に基づく的確な防除指導に取り組むとともに、生産・販売部門と連携して農産物の生産拡大と高品質安定生産の支援に取り組んでいます。
  3. JAと一体となって生産資材・被覆資材・施設園芸資材の推進活動強化と省力化技術の普及を図り、施設園芸の振興とコスト低減に取り組んでいます。
  4. 農業ICT、スマート農業など新技術の実証普及に取組むとともに、無人航空機(ヘリ・ドローン)を活用した防除作業受委託による労働力支援に取り組んでいます。

農機課

  1. 農作業の効率化・省力化に不可欠な農業機械を生産規模や機械の能力に応じた適正導入に取り組むとともに中古農機の流通促進に取り組んでいます。
  2. 生産者の声を反映した共同購入トラクターに取り組み低価格トラクター開発・導入により農機コストの低減に取り組んでいます。
  3. 農作業事故「0」を目指して農作業安全月間を中心に啓蒙活動に取り組んでいます。
  4. JA農機センターの運営改善と組合員サービスの向上をめざし修理整備体制の確立に取り組んでいます。

段ボール工場

  1. ISO9001:2015認証を取得し、顧客第一主義を掲げ、柑橘をはじめとした青果物用段ボールを中心に、農畜産物・加工食品等の高品質段ボールを計画的・効率的に製造しています。
  2. 農家手取り最大化プロジェクト」により包装資材予約結集メリットを創出するとともに、生産・販売部門と連携して適正包装化の取組強化を図り、農家組合員への低コスト資材の供給に取り組んでいます。
  3. 多様化する包装ニーズに対し、省力化・低コスト化に向けた付加価値商材の開発と、流通現場における最適なパッケージングの提案活動に取り組んでいます。

生活部

生活支援課

  1. 県内産農畜物消費拡大運動に積極的に取組み、地域農業の振興に寄与するとともに、県内産農畜産物の安全・安心を消費者にお届けします。
  2. JAタウンを活用したダイレクトマーケティング事業の取組みを強化し、生産者の手取り向上に寄与します。
  3. 県内産農畜産物販売拠点として、直売所にコンビニを併設した一体型店舗「ファミリーマート・全農ふれっしゅ広場」の運営に取組み、地産地消と地域消費者の利便向上に取組みます。

愛のオレンジロード

JAタウン