神奈川の食と農

やまゆりポーク

とろけるような味わいの脂肪とやわらかくジューシーな肉質が自慢の、
神奈川生まれのブランドポーク。脂身の苦手な女性にも人気の豚肉です。

やまゆりポークとは?

「やまゆりポーク生産者協議会」が30年以上の研究を重ねた結果たどりついた、“こだわりの品種”と豚の成長に応じて栄養バランスを考えながら給与する“こだわりの飼料”で生産されています。
神奈川県花「やまゆり」のように白くきれいなサシが入ることから、名付けられました。

県内8戸の指定農場で、飼料はもちろんのこと衛生管理にもこだわって育てています。
生産者も飼養管理の内容もはっきりしているので、こだわりの旨みはもちろんのこと、安全・安心な豚肉なのです。

その美味しさと品質の高さから、農林水産大臣賞を11回受賞、1993年には「かながわブランド」 に認定、2019年度には「かながわの名産100選」 に選定されました。

「やまゆりポーク」が食卓に届くまで

県内8戸の生産農場から

「やまゆりポーク」は神奈川県内に8戸ある指定農場で、厳格な生産管理のもと厳選された種豚・こだわりの配合飼料を使って育てられています。
豚たちは衛生管理の行き届いた豚舎内で、のびのびと育ちます。

こだわりの専用飼料

「やまゆりポーク」のおいしさのヒミツ。
それはこの配合飼料、エサにあります。
「やまゆりポーク」専用のエサは、精白米、トウモロコシ、大麦、マイロなどをバランスよく配合しており、特に大麦を豊富に入れることで白くさっぱりとした脂になります。

食肉処理場で「お肉」に

丹精込めて育てた豚は、衛生管理が行き届いた県内の食肉処理場で枝肉に加工されます。そこで選び抜かれた枝肉だけが、初めて「やまゆりポーク」として流通されます。

(株)神奈川食肉センター(厚木市)
横浜市中央卸売市場食肉市場(横浜市)
販売店を通して食卓へ

県内のエーコープ店・精肉店を中心に、新鮮な「やまゆりポーク」が販売されています。
神奈川が生んだ「やまゆりポーク」、一度食べていただければその美味しさが分かります。