神奈川の食と農

6次産業化の取組み

JA全農かながわでは、県産農畜産物の認知度・ブランド力向上、ならびに規格外品活用に向け、6次産業化の取組みを積極的に行っています。

取組概要

 JA全農かながわ(以下、本会)では生産者手取り向上を目的とした県産農畜産物の認知度・ブランド力向上、ならびに規格外品活用の取組みとして、一次加工品を原料とした商品開発・販路拡大を進めています。
 原料品質にこだわった食品製造をご検討のJA様・企業様はぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

県本部でこんなことができます!

原料から生産まで一貫してコーディネートします!

 本会ならではの取組みとして、県内の産地、品目の情報を集約し、適切な原料の提案をさせていただきます。

HACCPを取得した工場で乾麺生産も可能です!

 全農グループ唯一の乾麺製造工場である秦野綜合工場は2019年に乾麺HACCPを取得しました。原料受入から製品出荷までの全工程を継続的に監視・記録し、リスク管理を徹底しています。

 詳細はこちら

受託内容

一次加工

 神奈川県産の農畜産物を使用した一次加工品の果汁・ピューレを取り扱っています。農産物の素材そのものを旬の一番おいしい時期に加工しています。加工後は冷凍し、素材本来のうまみ・香りを損なうことなく色鮮やかなままで保管され、ユーザーの皆様には食材として通年お使いいただけます。
 ピューレは1パックが1kg入りの個包装なので調理しやすく無駄なくお使いいただけるのも特徴です。

二次加工

◆乾麺
製造場所 秦野綜合工場
種類 うどん、そうめん、ひやむぎ等
製造ロット 製品1tから製造
ケース入り数 1ケース10束または25束入り

◆その他食品加工品
委託加工品を使ったJAオリジナル菓子等の商品開発も支援しています。
まずはお気軽にご相談ください。

お問合せ先

JA全農かながわ 生活部生活課
Tel: 0463-20-2879

下記リンク先のフォームより、メールでのお問い合わせも可能です。ぜひお気軽にご相談ください。