新着情報

JA山梨県連グループが「フードバンク子ども支援プロジェクト」に賛同

2017年08月14日

  山梨県本部は、JA山梨中央会をはじめとするJA山梨県連グループ(關本得郎会長)として、生活困窮世帯に食糧支援しているNPO法人「フードバンク山梨」(南アルプス市・米山けい子理事長)が進める「フードバンク子ども支援プロジェクト」に賛同しました。

  このプロジェクトは、学校給食のない夏休み中、子どものいる世帯に向けて食糧支援する活動で、JA山梨県連グループの役職員らが米などの食料品を寄贈しました。

  8月8日に行われた贈呈式では、グループを代表して關本会長、小池通義副会長が事務所を訪問し「生活に困っている人のために、少しでも役立てていただきたい」と關本会長があいさつし、米山理事長に目録を手渡しました。

これを受け、米山理事長は「地域のJAに理解いただき大変ありがたい、笑顔を増やす活動につなげたい」とあいさつしました。

  同グループでは、プロジェクトの参加について地域貢献の一環として企画し、7月中旬から8月上旬にかけて役職員から食料品を集め、初めて寄贈しました。今後は、JAグループ山梨全体として支援していく予定です。

米山理事長に目録を手渡す關本会長の内容を表示

米山理事長に目録を手渡す關本会長

目録を手にした米山理事長(左)と食料品を寄贈した關本会長(中央)と小池副会長(右)の内容を表示

目録を手にした米山理事長(左)と食料品を寄贈した關本会長(中央)と小池副会長(右)