野菜の情報

野菜の種類

キャベツ(JA広島北部、JA尾道市、JA福山市、JA庄原)

出荷時期:6月~2月

広島名物「お好み焼き」にかかせない野菜です。胃にもやさしいビタミンUが多く含まれ、胃や十二指腸潰瘍の予防に役立つと言われています。

白ねぎ(JA広島中央、JA広島北部)

出荷時期:8月~2月

ビタミンCやカリウムが多く含まれ、緑の部分にはカロチンも含まれています。血行を良くしてカラダを温めたり、発汗を促す効果があります。昔から風邪の治療薬として食されてきたのはよく知られています。また、ビタミンB1の吸収を促進する働きもあり、疲労回復にも効果があります。

白ねぎを使ったレシピ
豚肉と白ネギのみそ仕立て鍋・じゃがいもと白ネギのお焼き

アスパラガス(JA三次・JA庄原・JA広島北部)

出荷時期:3月~10月(最盛期 5月・7月頃)

広島アスパラガスは露地栽培が主体。太陽の光をしっかりあびて育つので濃いグリーン色が特徴です。

わけぎ(JA尾道市・JA三原)

出荷時期:9月~4月(最盛期 11月~3月頃)

生産量全国一。瀬戸内の温暖な気候で育つ広島わけぎは独特の香りと甘みが特徴です。

わけぎを使ったレシピ
キムチ鍋
わけぎと鮭のパスタ
わけぎと豆腐のカニあんかけ
わけぎとカリカリじゃこサラダ
わけぎとツナのさっぱり炒め
わけぎの豚肉巻き
ひなまつりPOP

くわい(JA福山市)

出荷時期:11月~12月(最盛期 12月)

日本でも有数の産地。くわいは水田で栽培され、ほとんど年末に出荷されています。縁起物として正月料理に欠かせない野菜で、福山地方の特産品です。

ばれいしょ(JA芸南)

出荷時期:6月~9月、12月~2月(最盛期 7月、12月)

ばれいしょの栽培に適した赤土の水はけのよい大地が、全国でも有数の産地を育てました。おいしさは折り紙つきです。

青ねぎ(JA広島市・JA庄原・JA広島北部)

出荷時期:一年中

風味豊かな露地栽培から、安定生産できる水耕栽培まで、一年中おいしいねぎが栽培されています。

ほうれんそう(JA広島市・JA庄原)

出荷時期:5月~11月(最盛期 6月・10月)

鮮度が命のほうれんそうは、産地が近いほどおいしいと言われています。地域ごとに栽培時期をずらし、長く旬を保っています。

きぬさやえんどう(JA尾道市)

出荷時期:10月~5月(最盛期 10月・5月)

レストランや料亭などからも引き合いが多く、おいしさに姿・形の美しさも高く評価されています。透き通った美しい緑が、食卓を華やかにしてくれます。

ブロッコリー(JA広島北部)

出荷時期:5月~7月、9月~12月(最盛期 6月・10月)

鮮やかな緑色で、料理を一段と引き立ててくれます。ビタミンが豊富で、子供から大人まで人気の野菜。高原の涼しい産地で栽培されています。