土づくり

元気な野菜作りは
元気な土づくりから!

元気でおいしい作物づくりのためには、栽培する環境「土」がとても重要です。
「良い土(土壌環境)」とは、物理性と化学性の二つが良い状態であることが必要です。
物理性には土壌中の「土」と「空気」と「水」の3つが関係(三相分布)しバランスが整うことで保水性・排水性に優れた状態となります。
化学性には、土壌中の各種養分が関係し、バランスが整うことでそれぞれの養分が作物に効率よく吸収される状態となります。
物理性と化学性それぞれの状態を把握するためには診断(土壌診断)が必要です。(詳しくは「土壌診断」のページをご覧下さい。)
診断結果をもとに物理性と化学性をそれぞれ改良した土壌で作物を栽培した結果、今まで以上の収量を上げることができました。(詳しくは「事例紹介」のページをご覧ください。)

事例紹介