採用情報

先輩職員の声

生産者のために
松田 梨沙
マツダ リサ
入会年
2018年
所属部署
農産部 園芸課
ワークスタイル
多くの人と接する仕事
営業で勝負する仕事
地域社会・地域密着型の仕事

Q.どのような仕事をされていますか?

担当地域の青果物の販売に係る仕事をしています。生産者の手取りが上がるように、出荷された青果物を各市場に分荷をしたり、新しい販路を探します。その際に重要なことは、市場・量販店の販売の状況や、産地の生育状況を把握することです。産地の生育状況を把握し、出荷される青果物の予測数量や品質を、市場や量販店に伝え、売り場を確保をします。また、市場や量販店の販売状況やニーズを産地に伝え、高価格での販売を目指します。 野菜の価格が下がったときに国から生産者に出る補給金の業務も行っています。

Q.仕事のやりがい・おもしろさは?

里芋の販売を初めて任されたときに、市場の担当者と連絡の手違いがあり、本来の販売先ではないところに、大幅に低い価格で販売されてしまいました。あらかじめ、販売先を決めて販売することは、生産者の手取りを上げるためにとても大切なことだと感じました。また、この仕事は、産地と販売先をつなぎ、生産者の手取りを上げるために重要な役割をしていることが分かりました。これから、生産者の方々に信頼され、頼ってもらえるような仕事ができるように頑張っていきたいと思います。

Q.ズバリ!JA全農を選んだ理由は何ですか?

祖父母が農業をしており、小さい頃から農業の大変さや素晴らしさを感じてきました。農家さんの負担を減らしたり、手取りを上げることができる仕事がしたいと思い、本会を選びました。

学生のみなさんへのメッセージ

初めは幅広い視野で、様々な企業の説明会に出て仕事を探すのも良いと思います。その中で徐々に自分の興味あることや、したいことを焦らずに決めていってください。 また、学生生活を思いっきり楽しんでください。

明るく前向きに!
中井 亮汰
ナカイ リョウタ
入会年
2017年
所属部署
生産資材部 農業機械課
ワークスタイル
多くの人と接する仕事
企画・サービスを提案する仕事
チームワークを活かす仕事

Q.どのような仕事をされていますか?

私の所属する農業機械課では、県下JAを通じ、農業機械の流通全般に関わる業務を行っています。その中で、私は地域推進担当として、JA農機担当者と協力しながら購入を希望する農業者のニーズを把握し、栽培体制に適合した農業機械の提案や、メーカーとの価格交渉を行い、農業者の経営を支援する業務を行っています。同時に、新製品農機の紹介や実演を企画し、農業者への情報発信にも取り組んでいます。また、農機センターが効率的に安定した供給ができるよう農業機械の受発注管理や、農機担当者のスキルアップのため、研修への参加促進を行っています。農業機械の展示会や、実演会の準備にも関わり、JA農機担当者や、農機メーカーと協力して、農業機械の普及に取り組んでいます。

Q.仕事のやりがい・おもしろさは?

担当JAで大型トラクターの成約が決まったことです。農業機械の展示会にて、当初は、トラクターの購入を迷っていた農家さんでしたが、後日、JA担当者の方に同行し、農家さんのニーズに合った機械を提案するとともに、改めてトラクターを見てもらう機会を設けたことで成約へと繋がりました。その後、展示会などを通して、農家さんに会う機会も増え、会話の中で「農作業が楽になった」などの話を聞くと非常に嬉しいです。これから業務に取り組むうえで、現場の農家さんの声をしっかりと聞き取り、現場で働く方を最大限サポートするという気持ちを第一に業務に取り組んでいきたいです。

Q.ズバリ!JA全農を選んだ理由は何ですか?

私は、「生まれ育った地域で社会貢献ができる仕事」を第一に就職活動を行いました。その中でも、本会では、生活の根幹を支える「食」の部分を通して、農家さんだけに限らず、様々な角度から地域の社会貢献を支えている点に魅力を感じました。また、私自身の実家が兼業米農家だったので、就職するに当たり農業に携わる仕事がしたいと思っていたことも本会を志望した動機の一つです。

学生のみなさんへのメッセージ

自分自身が今持っている仕事の概念にこだわらず、様々な業界の説明会等に参加し、たくさんの情報を集めてください。この機会にしっかり自己分析を行い、今までの活動を振り返って本当に自分にあった仕事を選んでください。 また、社会人になると自分の時間も限られてくるので、学生時代にしかできないことを精いっぱいやっておいてください!

人から信頼してもらえるように
家藤 愛梨
イエフジ アイリ
入会年
2015年
所属部署
営農対策部 営農対策課
ワークスタイル
多くの人と接する仕事
企画・サービスを提案する仕事
地域社会・地域密着型の仕事

Q.どのような仕事をされていますか?

営農対策課では、本会の営農指導事業を担っています。県内農業者向けの技術研修会や、農業者を訪問する地域JAの職員を対象とした研修会・会議の企画・運営を行っています。農業者と話をし、要望を吸い上げてそれに応えるJA職員を「TAC」と呼びますが、当部署では本県の「TAC」活動の支援業務も担っております。私の主な担当業務としては、園芸関連の研修会等行事の企画、運営や本県「TAC」活動の支援となります。

Q.仕事のやりがい・おもしろさは?

私の担当業務に、いちごとトマトを対象にした「共進会」の運営があります。「共進会」では、県内のいろんな地区の農業者から出品を頂き、様々な角度で審査を行い、数名の受賞者を決定させて頂きます。この仕事をする中で、入賞した農業者と受賞決定後お会いした際に、「来年はさらに上の賞を受賞できるように頑張る」とおっしゃるのを聞いて、自分の仕事が農業者のモチベーションに少しでもつながっているのかもしれないと感じ、とても嬉しくなりました。

Q.ズバリ!JA全農を選んだ理由は何ですか?

農学部で「食」について学んでいた中で、自分の仕事としても「食」に近いところで働きたいと思ったのがきっかけの1つです。その中で詳しく調べていくうちに、本会が「食」以外にも、農業者の生活全てに関わる仕事ができることを知り、仕事の多様性・可能性に魅力を感じたため、入会を決めました。その他、生まれ育った「三重県」に貢献できると感じたのも大きな理由の1つでもあります。

学生のみなさんへのメッセージ

面接や企業訪問を行う中で、つい自分を良く見せようと大きな嘘をついたり、無理な背伸びをしてしまいそうになるかもしれません。しかし、これから選ぶ会社での時間は、今の自分の年齢よりも長く過ごすことになるかもしれません。自分が馴染める、自分に合った会社を選んでください。辛いことがあっても、選ばれる側ではなく、選ぶ側だという気持ちを忘れないでほしいと思います。