食・くらしの情報

とちぎ霧降高原牛ときのこ鍋(10/24下野新聞掲載広告『とちぎのおいしいお米をもっと知って食べよう』パート6)

ごぼうはささがきにして湯がくというひと手間が必要ですが、牛肉との相性が良いのでぜひ加えたい食材。薄味なので、お好みでポン酢などを添えてお召し上がりください。〆は、溶き卵を加えた雑炊がおすすめです。 【監修:IFC大学校】

材料(2人分)
牛肉もも または肩ロース薄切り 120g
白菜 2~3枚
ほうれん草 1/2パック
椎茸 2枚
舞茸 1/2パック
しめじ 1/3パック
ごぼう 7cm
にんじん 適量
長ねぎ 10cm
三つ葉 4本
400cc
白だし(市販品) 40cc
薄口醤油 小さじ2
(卵・ごはん)

作り方
手順1 白菜は湯がいてざるにとり、冷ます。
ほうれん草は茹でて水にさらし、よく絞る。
手順2 1の白菜が冷めたら、白く厚みのある部分を麺棒で叩いて繊維を壊し、葉の部分と交互にずらして広げ、中心にほうれん草を置いて巻く。巻いたら全体の水分をよく 絞る。
手順3 ゴボウはささがきにして湯がく。ニンジンは型抜きして湯がく。
手順4 鍋に4㎝位に切った2、斜め切りした長ねぎ、きのこ類、3のゴボウ、ニンジン、牛肉、三つ葉を盛り込む。
手順5 水、白だし、薄口そうゆを合わせたものを④に入れて火にかける。
※野菜は火が通っており、また、きのこは火が通りやすいので牛肉に火が通れば仕上がり。