食・くらしの情報

ニラと秋鮭の炊き込みピラフ(9/19下野新聞掲載広告『とちぎのおいしいお米をもっと知って食べよう』パート5)

ニラ独特の香りをバターで中和した、どなたでも食べやすい彩り豊かなピラフです。お米を洗ったら30分程ザルにあけておき、完全に水気が切れるまで乾かします。こうすることでお米の粘りを抑えることができます。お米を炊くときは、通常より少し水の量を減らすことも忘れずに。 【監修:IFC大学校】

材料(4人分)
ニラ 1/2把
鮭(100g) 1~2切れ
舞茸 1パック
お米(コシヒカリ) 2カップ
バター 30g
ベーコン 1枚
ブイヨン 2カップ
塩・こしょう 適量
パセリ・粉チーズ 適量
作り方
手順1 お米(コシヒカリ)は洗ってザルにあけ、乾かしておく。
手順2 ニラは茹でて3㎝程度に切り、舞茸はほぐしておく。
手順3 フライパンにバターを溶かし、①のお米(コシヒカリ)を中火でしっかり炒め、バターの油分を表面に絡ませておく。
手順4 炊飯器に3、ブイヨン、2の舞茸、鮭の切り身、1cm幅に切ったベーコンを入れて炊く。
手順5 炊きあがったら、少し蒸らして鮭の切り身の皮と骨を除き、塩・こしょう、2のニラ、お好みでバター、粉チーズを加えて合わせる。
手順6 皿に盛り付け、パセリのみじん切りを振る。