JA全農あきた

各部紹介

営農支援部

担い手の所得向上に向けた支援

営農支援事業では、担い手への経済事業対応の総括的業務や部門横断的な企画・推進の中心的な役割を果たすとともに、TAC(地域農業の担い手に出向くJA担当者)の活動支援とJAにおける担い手対応事業の支援を行っています。

また、担い手の所得向上のため、園芸作物の生産振興に積極的に取り組むとともに、営農技術の普及促進を支援しています。

TAC
担い手へ出向く活動
営農技術の実証実験

米穀部

おいしい秋田米を全国のみなさんへ

米穀事業では、生産者の安定した営農計画の確立や「秋田米」の販売力強化に向けて、米の事前契約・複数年契約の拡充をはかり、実需者が明確な販路の拡大に取り組んでいます。また、実需者ニーズに対応した多収性品種等の生産提案による契約栽培の推進に取り組むとともに、「あきたecoらいす」等の付加価値米や市場が拡大している業務用の需要に対応する戦略的な生産につながる提案をすすめています。

主食用米の需給均衡に資する水田フル活用のため、飼料用米・加工用米・備蓄米・輸出用米などの水田活用米穀の数量維持・拡大をはかっています。

あきたecoらいす

産地精米による大手量販店・業務用需要者ならびに外食・中食産業等への精米販売の拡大に取り組むとともに、精米HACCP等により食品安全品質管理・衛生管理を徹底し、信頼される確かな品質の製品づくりにつとめています。

精米HACCP認定書 平成29年度 精米HACCP取得
秋田米販売促進活動
精米センター

園芸畜産部

「オール秋田」での生産振興と販売力の強化

園芸事業では、県・JAと連携した重点品目の生産振興をはかり、流通変化に即応した集荷販売体制の確立と販売力強化につとめています。また、秋田ブランド確立をはかるため、県内・首都圏を中心に積極的な消費宣伝活動に取り組んでいます。同時に、各種資材の安定供給と低コスト・省力・物流合理化への取り組み、鮮度保持・環境に配慮した資材の普及拡大に取り組んでいます。

また、畜産事業は、生産基盤の充実と経営安定化に向けた支援をすすめるほか、良質で安全な牛乳を消費者へ提供します。

園芸メガ団地
県南園芸センター
ミス・フレッシュ秋田による試食宣伝会

生産資材部

トータルコスト低減による自己改革の実践

肥料農薬事業では、安全・安心で高品質な農産物の生産を基本に、多様化するニーズに対応する資材の供給、生産コスト低減につながる省力・低コスト資材の推進、適正な施肥・防除指導等に取り組んでいます。

農業機械事業では、農家組合員が満足できるサービス体制をめざして①人づくり ②仕組みづくり ③結果づくりの「新3づくり」運動を展開しています。

生産資材コスト低減への取り組み
秋田県JA農業機械大展示会
大規模経営体への直送配送
共同購入トラクター

広域事業所

専門性を生かした事業を展開

施設事業は、東北広域施設事業所を組成し、北東北3県による事業展開をつうじ、農業・生産・流通の効率化につながる施設の建設、設計監理および既存施設の補改修に取り組んでいます。

エネルギー事業は、北東北エネルギー事業所を組成し、北東北3県による事業展開により、ガソリン・灯油・軽油等、生活・営農に欠かせない燃料を供給しています。

JA花卉集出荷施設
JA-SSセルフ店