JA全農みやぎについて

県本部長挨拶

JA全農みやぎのホームページをご覧いただき、誠に有難うございます。

また、日頃は宮城県産の農畜産物をご愛顧いただき、心より感謝申し上げます。皆さまにこのホームページを通じて、JA全農みやぎの取組内容や、生活のお役に立てる情報をお届けできれば幸いです。

平成23年3月11日に発生した東日本大震災では,本県の農業において、沿岸部を中心とした農地や、園芸施設及び畜舎等の生産関連施設などに壊滅的な被害を受けました。
しかしながら、震災からの復旧・復興事業により、農地の大規模、低コスト農業の実践、共同利用施設設置に取り組み、これまで以上に先進的で競争力のある農業を目指して,ロボット技術やICTを活用した省力化・効率化・高品質生産を実現するスマート農業の導入などを進めています。

また、消費行動における食の多様化のなかでは消費者ニーズに則した、需要に応じた生産が必要となり、更なる水田活用米穀(米粉用米や輸出用米など)や高収益作物への転換など、水田フル活用による生産基盤の強化が急務となっております。さらに、農業就業人口の減少や高齢化、大規模担い手への集約化が進むなかで、多様化する担い手ニーズの把握と対応が必要です。

これらを踏まえ、JA全農みやぎでは、生産コスト削減に向けた自己改革、生産基盤の確立、担い手対応の強化、そして食のトップブランドとしての地位の確立やJAにおける営農経済事業の収益力向上・収支改善等に取り組んでまいります。
また、都市住民の方々などが農村に長期滞在し農作業などを楽しむ「農泊」の事業化を支援しています。

今後ともJA全農みやぎ事業へのご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

全国農業協同組合連合会 宮城県本部
 県本部長
 大友良彦