あおもりの特産品

りんご 品種紹介/成分・効用

りんごの花

りんごの主な品種紹介

早生種

つがる
収穫 9月上旬~中旬
両親 ゴールデンデリシャス×紅玉
特徴
  • 青森県りんご試験場が育成し、1975(昭和50)年に品種登録。
  • 300g程度で、果皮には紅色の他に鮮やかな紅色の縞が入ります。
  • 果肉は硬めでち密。果汁豊富で甘みが強く、酸味はほとんど感じません。
きおう
収穫 8月末~9月上旬
両親 王林×千秋
特徴
  • 岩手県園芸試験場(現・岩手県農業研究センター)が育成し、1994(平成6)年に品種登録。
  • 300g程度で、果皮は黄色で光沢があります。
  • 果肉は硬めで果汁が多く、甘みと酸味のバランスが良いりんごです。

中生種

早生ふじ
収穫 9月末~10月上旬
両親 ふじの枝がわりや交雑実生
特徴
  • 外見、食味とも11月に収穫される「ふじ」と似ていますが、「ふじ」より一か月ほど早く収穫できる「ふじ」の早熟系統です。
  • 「早生ふじ」という言葉は総称で、「ひろさきふじ」「紅将軍」「昴林」「涼香の季節」「ほのか」「やたか」などのことを指します。
トキ
収穫 10月上旬
両親 王林×ふじ
特徴
  • 青森県五所川原市の故土岐傳四郎さんが育成し、2004年(平成16年)に品種登録されました。
  • 350g程度で、果皮は黄色で、ほんのり朱色がかかるものもあります。
  • 果汁が多く、熟したものは甘さと酸味の調和が素晴らしく、王林譲りの香りの良さも特長です。
紅玉(こうぎょく)
収穫 10月中旬
両親 自然交雑実生
特徴
  • アメリカ原産で日本には1871(明治4)年に開拓使が導入しました。
  • 240g程度で、果皮は鮮やかな濃い紅色です。
  • 果肉はち密で、甘酸っぱさが魅力です。
  • ジュースやお菓子、料理用として人気の高い品種です。
世界一(せかいいち)
収穫 10月中旬
両親 デリシャス×ゴールデンデリシャス
特徴
  • 青森県りんご試験場が育成し、1974(昭和49)年に学会発表されています。
  • 500g程度。
  • 発表当初に世界一大きいりんごだと宣伝されたことが、そのままこの品種の命名のきっかけになりました。
  • 円錐形で、果皮には鈍紅色に紅色の縞が入ります。
  • 果肉はやや硬めでち密、果汁が豊富で酸味は少なく甘みがあります。
ジョナゴールド
収穫 10月中旬
両親 ゴールデンデリシャス×紅玉
特徴
  • アメリカ生まれの品種で、日本には1970(昭和45)年に秋田県果樹試験場が導入しました。
  • 350g程度で、黄色地に紅色が入ります。
  • 円錐形で、果皮には鈍紅色に紅色の縞が入ります。
  • 果肉はち密、甘みと酸味のバランスに優れた品種。ジュースなどの加工用としても人気です。
陸奥(むつ)
収穫 10月中旬~下旬
両親 ゴールデンデリシャス×印度
特徴
  • 青森県苹果試験場(後のりんご試験場、現在の(地独)青森県産業技術センターりんご研究所)が育成し、1949(昭和24)年に品種登録。
  • 430g程度と大玉。
  • 果皮は袋をかけないで栽培すると緑黄色になり、袋をかけると紅色になります。
  • 果肉は硬めで香りもよく、加工にも適しています。

晩生種

ふじ
収穫 10月末~11月中旬
両親 国光×デリシャス
特徴
  • 農林省園芸試験場東北支場(当時の所在地は青森県藤崎町)が育成し、昭和37年に命名、品種登録。
  • 350g程度。
  • 果皮は、褐紅色の縞が入ります。
  • 果肉はやや粗めでシャキシャキした食感 を楽しめます。果汁が多く、甘さと酸味のバランスが抜群です。
  • 有袋栽培のふじは、色着きが良く、貯蔵性も非常に優れます。無袋栽培のサンふじは、有袋栽培のものよりも貯蔵性は劣りますが、甘さや香りはいっそう良くなります。
王林(おうりん)
収穫 10月末~11月上旬
両親 ゴールデンデリシャス×印度
特徴
  • 福島県の故大槻只之助さんが育成し、1952(昭和27)年に命名されました。
  • 300g程度で果皮は緑黄色です。
  • 果肉はやや硬めでち密。果汁豊富で酸味がほとんどなく、甘みと独特の良い香りがします。
  • 消費者にも人気が高く、青りんごと言えば王林を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
シナノゴールド
収穫 10月下旬~11月上旬
両親 ゴールデンデリシャス×千秋
特徴
  • 長野県果樹試験場で育成し、1999(平成11)年に品種登録されました。
  • 360g程度で、果皮は黄色です。
  • 香りがあり果汁が豊富で、高い糖度と十分な酸味もあります。
金星(きんせい)
収穫 11月中旬
両親 ゴールデンデリシャス×デリシャス
特徴
  • 青森県弘前市の佐藤肇さんが育成し、1972(昭和47)年に品種登録されました。
  • 350g程度で果点がやや粗いです。
  • 果肉は硬くて果汁が豊富。味は濃厚で甘みの強いりんごです。
  • 果皮は袋をかけないで栽培すると緑黄色になり、袋をかけると黄色になります。

りんごの成分・効用

りんごの成分

【果肉100グラム当たり(皮付き)】

水分83.1パーセント
栄養素 含有量
エネルギー 61kcal
たんぱく質 0.2g
脂質 0.3g
炭水化物 16.2g
灰分 0.2g
カリウム 120mg
カルシウム 4mg
マグネシウム 5mg
リン 12mg
β-カロチン 当量 27μg
ビタミンC 6mg
食物繊維 総量1.9g
(水溶性0.5g、不溶性1.4g)

(資料:日本食品標準成分表2015)

りんごの効用

弘前大学名誉教授 武部和夫著 (前 青森市民病院院長) (青森県発行) 「りんごの赤はママの愛」から抜粋

青森のりんごについてもっと知る