JA全農あおもりについて

JA全農あおもりについて

組織概要

名称 全国農業協同組合連合会 青森県本部
略称 全農青森県本部
愛称 JA全農あおもり
設立 2001年4月1日
JA青森経済連とJA全農が統合し、JA全農あおもりとなる
所在地 〒030-0847
青森市東大野2丁目1-15
青森県農協会館4・5階 MAP
会員数 17(3准会員含む)
職員数 196名(2020年4月1日現在)
取扱高 1,359億円(2019年度実績)

基本施策

生産基盤の確立

生産基盤の強化により本県農業の振興をはかるため、以下に掲げる項目などに取り組みます。
  • 農業労働力不足解消に向けた環境整備
  • 契約栽培や複数年価格固定契約の拡大
  • 省力化に対応した品種の選定や高密植わい化栽培の普及拡大
  • 優良種苗の安定供給
  • 預託事業の取組強化や酪農経営規模拡大への支援

農業生産の拡大

系統共販の拡大により有利販売を実践し農業者の所得増大をはかるため、以下に掲げる項目などに取り組みます。
  • 事前契約・予約相対取引の拡大
  • 業務加工向けへの対応強化
  • 買取販売の拡大
  • 輸出の拡大
  • 消費拡大に向けた宣伝活動

JAへの支援強化

トータル生産コストの低減によりJAの農家対応力強化をはかるため、以下に掲げる項目などに取り組みます。
  • 担い手対応の強化
  • 営農指導員育成体制の強化
  • 農業資材の銘柄・規格集約
  • 共同購入の普及拡大
  • 営農・家庭用エネルギーの取組強化

事業紹介

令和2年度事業紹介

米穀部
  • 消費者に求められる青森米の生産をめざし、事前契約・契約栽培等の拡大をはかるとともに、宣伝活動の強化により県産米全体の認知度向上や販売力強化に取り組んでいます。
  • 需給の安定化に向けた水田活用米穀の推進により、生産者の所得増大に取り組んでいます。
りんご部
  • りんごをはじめとする、青森で生産される果実の「機能性・安全性」と「おいしさ」を国内外へ伝え、消費者のみなさまの声に応えられる産地づくりに取り組んでいます。
  • 消費者のライフスタイルの変化に対応した販売促進に努めるとともに、宣伝活動の強化により新規需要を掘りおこし、生産者所得の向上に取り組んでいます。
やさい部
  • 本県産の主力品目であるながいも、トマトをはじめ、日本一の生産量を誇るにんにく、ごぼうなど消費者に喜ばれる「新鮮な青森のやさい」、「美しい青森の花」の生産と安定供給に取り組んでいます。
  • 計画出荷の徹底や、契約栽培などによる販路拡大など、多様化する流通・消費形態に対応する産地づくりに加えて、消費宣伝活動の実施などにより、県産やさい・花きの有利販売に取り組んでいます。
畜産酪農部
  • 県産の肉牛・肉豚の安定生産や銘柄確立に向け、畜産農家の生産基盤の維持・拡大に取り組んでいます。
  • 優良乳用雌牛の導入や乳質改善を進め、安全で良質な牛乳の生産・供給と消費拡大に向けた取り組みをすすめています。
生産振興部
  • 担い手対応活動の強化や労働力不足解消に向けた環境整備による農業者支援など地域農業振興の取り組みをすすめています。
  • 認証GAPの取得支援、土壌診断にもとづく適正施肥、出荷前残留農薬検査の実施など安全で安心な農産物の生産・供給に取り組んでいます。
  • 担い手ニーズに対応した低コスト資材の普及拡大などによるトータルコスト低減や、JAの専門知識の習得に向けた各種研修会の開催による人材育成に取り組んでいます。
生活関連部
  • JAへの保安指導の強化と集中管理システムの設置による安全なLPガスの供給、JAでんきの普及拡大に取り組んでいます。
  • まごころを込め安心できる葬祭施行を柱とし、組合員のみなさまに満足いただける葬祭事業に取り組んでいます。
広域事業推進拠点
  • セルフSSの設置促進およびSSの再配置と事業運営コストの削減による価格競争力の強化とともに、組合員サービスの向上に取り組んでいます。
  • 農業施設の施主代行などの事業展開や既存施設の改善提案に取り組んでいます。
管理部
  • 法令順守の徹底をはかり、積極的な情報開示と社会貢献・環境保全の取組拡大・定着化をすすめています。
  • 計画的な人材育成と職場の活性化をはかり、事業運営の効率化に取り組んでいます。
  • 県産農畜産物の消費拡大をはかるため、首都圏でのPRや地元での地産地消などを通じ、安全・安心な県産品の愛用者・理解者づくりに取り組んでいます。