千葉の農畜産物

千葉県農業は、都市農業・平地農業・中山間地農業という3つの特徴を同時に併せ持ち、各地域の特性を反映させ多彩な品目を生産しています。
温暖な気候と豊かな自然、生産者の努力と愛情が育んだ千葉の農畜産物をご紹介します。

愛情いちばん 千葉の農産物

千葉県では、全国に誇れる産地・産品づくりと生産された農産物の積極的な販売促進を「愛情いちばん・ふるさと産品づくり運動」として、平成9年12月から展開をしています。

そして、この運動の対象となる農産物と加工品が「愛情いちばん千葉の農産物」です。

平成19年2月1日現在、県内各地域から選ばれた115品目と、加工品7品目の合計122品目が、千葉県愛情いちばん・ふるさと産品づくり運動推進協議会により「愛情いちばん千葉の農産物」として認定されています。

千葉県愛情いちばん・ふるさと産品づくり運動推進協議会では生産者が、愛情を込めて作り上げた、「安全」「新鮮」「良質」な農産物をキャッチフレーズに「愛情いちばん」マークを県は商標登録しています。

『スリーハートマーク(統一県産表示マーク)』は、JAグループ千葉がお届けする、安心野菜の証しです。主要品目の容器、ダンボール、包装資材等に、JAグループのシンボルマーク『スリーハートマーク』を付し、わかり易い産地表示としています。

お米

千葉県のお米は、温暖な気候と、水と緑豊かな自然に育まれた良質さが自慢です。県内の米作りは、変化に富んだ景観に見事に調和し、各地で表情豊かに展開されています。
8月上旬には、全国に先駆け首都圏をはじめとする消費者の皆様へ『新米の香り』をお届けします。
本県は、生産履歴の記帳により安全・安心を確保し、安定した品質で良食味のの米の生産に取り組んでいます。

特産品

落花生は南米のアンデス原産で16世紀の新大陸発見後に世界に広まりました。
千葉県には明治9年(1876年)に導入され、今では全国の約8割を生産しています。
千葉といえば落花生がイメージされるとおり、県を代表する特産品です。

ランキングなど統計資料

千葉県は、首都圏の東側、太平洋に突き出た半島部に位置し、200~300m級の山々が続く房総丘陵と比較的平坦な下総台地、利根川流域と九十九里沿岸に広がる平野部から成っています。千葉県の稲作は、こうした変化に富んだ景観に見事に調和し、県下各地で表情豊かに展開されています。

詳しくはこちら

旬とレシピ

千葉県の特産物を使った旬のレシピをご紹介します!

詳しくはこちら

オンラインショップ「JAタウン」

「JAタウン」は、JA全農が運営するオンラインショップです。

詳しくはこちら