JA全農おかやま

事業紹介

管理部

生産から販売までコーディネートしています!

新たな事業モデルの創造

実需者ニーズに基づき、生産から販売までマッチングした新たな事業モデルを創造・提案し、地域の生産振興に取り組んでいます。また、新技術や新品種を活用した、農畜産物の生産性向上に取り組んでいます。

安全・安心な農産物生産のために

農産物の栽培に必要な農薬等の適正使用の啓発に努め、生産履歴記帳の徹底を推進しています。また、安全・安心な農産物取扱いのため実需者からのGAP(農業生産工程管理)への取り組みニーズが高まっている中、GAP導入産地の普及拡大及びGAP指導者の育成に努めています。

担い手対応の強化

今後の農業を担っていく担い手農家への対応として、TAC※という担い手へ出向くJA担当者の活動の支援に取り組んでいます。担い手を日々訪問して聞き取った意見・要望等をもとに、 課題解決や提案等を行っています。
※TAC(Team for agricultural Coordination)

農産部

安全・安心な岡山米をもっと食べてもらいたい!

美味しい岡山米の供給

岡山県では北は中国山地、南は瀬戸内海という気候風土にあわせて、県中北部では「コシヒカリ」「あきたこまち」を、県南部では岡山県独自品種の「朝日」「アケボノ」「雄町」を中心に、多品種のお米が栽培されています。実需者ニーズに対応した生産を提案し、恵まれた気候で育った「美味しい岡山米」を消費者の皆さまにお届けしています。

環境保全の取り組み

岡山県では、「里海」である瀬戸内海で育てられた牡蠣の殻(かきがら)を肥料として有効利用し、美味しいお米を生産する、循環環境保全型事業「瀬戸内かきがらアグリ」に挑戦しています。この、「瀬戸内かきがらアグリ」で生産されたお米を、「里海米」(さとうみまい)という新たなブランド名に統一して、社会的に意義のある育て方をすることで、消費者の皆様にお米を、産地・品種とは別の価値観で選んでいただきます。

農地維持に向けて

麦・大豆・飼料用米・米粉用米・加工用米など、水田を有効にフル活用する生産を推進し、食料自給率の向上・水田維持拡大に取り組んでいます。

園芸部

おかやまブランド育成で農地を元気に!

多彩で高品質な園芸作物

温暖な気候風土・恵まれた自然条件・生産者の創意工夫により、果物では「白桃」「マスカット・オブ・アレキサンドリア」「ニューピオーネ」「シャインマスカット」、野菜では「なす」「桃太郎トマト」「アスパラガス」「冬瓜」「黄にら」、花卉では「スイートピー」「りんどう」など、多彩で高品質な園芸作物が生産されており、市場機能を活用した実需者向け販売や、販売先の需要に対応した契約栽培等による直接販売、PR活動などを通して、岡山県産の園芸作物のブランド化による販売力強化に努めています。

生産基盤の強化

実需者ニーズに対応した産地への生産・販売方法の提案や、高齢化・労働力不足に対する農作業受委託の提案など、生産基盤の強化に向けた取り組みを進めています。

低コスト・省力化に向けて

生産者ニーズに対応した低コスト生産資材の普及や、省力栽培技術の開発普及に取り組んでいます。また、消費・流通段階においても、低コスト出荷資材の導入等により、生産から販売まで一貫したコスト低減に取り組んでいます。

畜産部

おかやまの畜産をもっと強く!

「安全・安心・美味しい」食肉とたまごをお届けします

岡山県内の生産者が愛情と丹精を込めて生産した「安全・安心・美味しい」食肉とたまごを、Aコープ・生協・JA直売所・量販店等を通じて消費者の皆さまにお届けしています。本会が運営するミートセンターでは部分肉の整形やパック肉の製造・加工をしており、GPセンターでは卵の洗卵、選別、パック包装をして出荷しています。また、各センターとも「ISO9001」の認証を受けており、職員一丸となって品質・表示の徹底管理に取り組んでいます。

地域ブランドの確立

岡山県産の飼料用米や※WCSを活用した耕畜連携・循環型農業による付加価値畜産物の販売や、生産者と一体となった飼育管理による味・品質へのこだわりや、 PR活動等により、 地域ブランド確立に取り組んでいます。
※WCS(ホールクロップサイレージ、稲発酵粗資料)

生産基盤の維持拡大に向けて

本会の家畜市場では「和牛子牛市場」、「一般家畜市場」の運営・開設を行っています。購買者が求める子牛を生産するために、和牛子牛の資質向上対策や市場のPR活動や購買者誘致活動に取り組むことにより、生産基盤の維持拡大に努めています。

資材部

省力化と低コスト化のお手伝い。

肥料農薬事業

安定供給を使命に

農産物の生育に欠かせない肥料農薬、そのコストは農家経営に大きな影響を与えます。JA全農おかやまでは、「予約購買」を基本に肥料農薬の安定供給に努めています。

「出向く体制」と「出迎える体制」を両輪に

組合員の皆さまの個々のニーズを把握し、きめ細かな事業対応をするため、「出向く体制の強化」と、魅力あるJA資材店舗の運営支援による「出迎える体制の強化」に取り組んでいます。

低コスト農業と物流合理化をめざして

生産者ニーズに対応した省力・低コスト栽培体系、効率化に向けた新技術の確立等により、 生産資材コストの低減を目指しています。さらに、広域物流体制の整備による物流コストの削減にも取り組んでいます。

ガス事業

営農と生活をサポート

県内のJAが供給するLPガスや、ガス器具等の卸事業を行っています。また、安心してガスをご利用いただけるよう、電話回線を通じてガス漏れ等を監視するなどの保安管理を行っています。

広域事業

皆様の豊かな生活をサポート

農機事業

様々なニーズに対応

組合員の様々なニーズに対応するために、主要メーカーの小型から大型の各種農機を取り扱っています。また、機能を絞り込むことにより、低価格を実現した「JA独自商品」の取扱いにも力をいれています。修理部品については約3万アイテムの在庫により、迅速な対応を心がけています。

施設農住事業

信頼と安心の建設事業

総合コンサルによるJAの共同利用施設等の高機能化及び再編整備の支援や、JA施設の設計・監理業務を行なっています。また、組合員の土地利用や、住宅リフォーム・床下改善事業を通じて、快適で豊かな暮らしを応援します。

石油事業

営農と生活をサポート

石油事業ではお客様に愛されるJA-SSづくりと、生活・営農用燃料の供給を行なっています。

生活事業

営農と生活をサポート

生活事業では、毎日の暮らしに必要な生活用品(食料品・日用品・衣料品・耐久財)を取り扱っています。高齢化・健康志向・地産地消などの時代のニーズに対応するため、「JAくらしの宅配便、共同購入、健康介護、葬祭関連」など、様々な事業に取り組み、組合員の豊かで快適な暮らしのサポートに努めています。