岡山の農畜産物

岡山ニューピオーネ

「果樹王国おかやま」を代表とする特産果樹栽培の1年間

明治時代からぶどう作りの始まった岡山県では、今まで様々な品種のぶどうが作られてきました。なかでも、木や実の生長・自然条件を見ながら、燃料を燃やして温風を送ったり止めたりを繰り返して「1℃単位での温度管理」を行う加温栽培の高い技術は、岡山ニューピオーネの加温栽培にも生かされ、南部地域を中心とした4月~8月の早期出荷を実現しています。北部地域では、寒暖の差を生かした露地(無加温)栽培により、主に9月~11月にかけて出荷。地域がそれぞれ特徴をもった栽培に取り組むことで、4月~11月という長い期間、皆さまのもとへ岡山ニューピオーネをお届けしています。

岡山ニューピオーネ生育状況

  • 4月上旬
  • 4月中旬
  • 4月下旬
  • 5月上旬
  • 5月中旬
  • 5月下旬
  • 6月中旬
  • 6月下旬
  • 7月上旬
  • 7月中旬
  • 7月上旬