ニュース・トピックス一覧

全国和牛能力共進会岡山県出品対策協議会の開催!

2020年07月21日
会議風景の内容を表示
会議風景
 県やJA全農おかやまなどで組織する第12回全国和牛能力共進会岡山県出品対策協議会は7月16日に2020年度通常総会を開催しました。  2022年に鹿児島県で開かれる本大会に向け、構成する17団体の代表者らが出席し、出品候補牛の作出計画などについて決定しました。  総会では、繁殖牛の出品対策として繁殖農家や農業高校への交配計画のほか、肥育牛の出品対策として特に産子が大きく種牛性も枝肉成績も兼ね備えた「新岡光81」号、サシの入りが細かく脂肪の質に優れる「美恵茂」号などの産子の育成計画が協議されました。
伍賀会長(全農岡山県本部県本部長)は「新型コロナウイルス感染症などにより相場が下落している今こそ、生産者団体が連携を強くすることが大切。岡山和牛の実力とブランド力を向上させ、地域を活性化させる本協議会の活動が果たす役割は非常に大きい。何としても全頭が上位入賞できるよう出品対策に取り組みたい。」と挨拶しました。