お米の作り方 JA佐渡 安心システム米

時期 作業 安心で美味しいお米を作るために
土づくり 堆肥・土づくり肥料を散布します。
4月 種の準備

種まき・育苗
肥料散布
温湯消毒された種子の塩水洗を行い良い種を選びます。その後、種子を水に漬け催芽させます。
育苗箱に種をまいて,発芽させます。ハウスで育苗し移植直前には殺虫剤を散布します。
基肥を散布します。
5月上旬 代かき
田植え
田んぼを耕し水を張ったら,土の表面をならします。
極端な早植えはさけます。
活着後は浅水管理として時々水を更新します。
5月中旬 除草 稲に必要な栄養が,雑草に取られてしまわないように、除草剤を散布します。
残草は手取りまたは除草機による中耕で対応します。
6月中旬 溝きり・中干

畦畔草刈
苗の根を傷めるガスを抜いて,酸素を入れるために田んぼの水を抜き、土を乾かします。
その後田んぼに水を張ったり、抜いたりをくりかえします。
カメムシの生息地をなくす為、畦道の草刈を実施します。
7月 穂肥 穂肥は出穂23日前頃と12日前頃に散布します。
7月〜8月 防除

殺虫剤・殺菌剤を散布します。しかしなるべく薬剤に頼らない防除をおこないます。
たとえば葉いもちの防除については補植苗の早期除去を徹底します。
またカメムシ防除については畦畔の草刈を徹底します。
また紋枯病・ウンカ類の防除については過繁茂防止により防除します。

9月上旬〜 落水 田んぼの水を抜いて,稲刈りができるように土を乾かします。
9月下旬〜 収穫・乾燥・調整 刈り遅れのないようにします。

前のページに戻る

掲載の文章・記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は全農またはその情報提供者に帰属します。