酪農事業

牧場から毎日届く新鮮な生乳を、牛乳・乳製品としてみなさまにお届けするために、生乳・乳製品の需給調整等に取り組んでいます。

牧場から毎日届く新鮮な生乳を、牛乳・乳製品としてみなさまにお届けするために、生乳・乳製品の需給調整等に取り組んでいます。

生乳・乳製品の安定的な流通を担う

消費者のみなさまの食卓に、新鮮でおいしい牛乳や乳製品を安定してお届けするために、毎日牧場で搾られる生乳の需給バランスを全国域で調整しています。食品・飲料メーカーなどへ、牛乳やバター、脱脂粉乳といった乳製品の販売を通じて、需要拡大にも取り組んでいます。また、酪農生産支援の取り組みも行っています。

JAグループにおける生乳の主な流通経路

事業紹介

生乳の販売

牛から搾ったままの乳を生乳と呼びます。生乳は、牛乳が多く飲まれる夏場に需要が高まりますが、乳牛は暑さに弱いため生産は減少します。一方で冬場の需要は落ち着きますが、生産は増加します。このように、生乳の需給は不足と過剰が季節ごとに変化する傾向があります。
生乳は液体で、栄養価が高く腐敗しやすいため、貯蔵することは容易ではありません。夏場は北海道や東北・九州などの生乳の主産地から、関東・関西などの消費地圏へ生乳を移送し牛乳向けに優先的に供給、冬場は保存の効くバターや脱脂粉乳など乳製品向けの生乳を増やす――。こうした計画的な調整によって、変化する需給をバランスさせることで、消費者のみなさまに牛乳・乳製品を安定してお届けすること、同時に酪農家のみなさまにも、安定した所得を確保し、安心して生産を続けていただけるようにすることが、全農の役割です。

乳製品の販売

北海道で製造されたバターや脱脂粉乳など、主に業務用に使われる乳製品を、食品メーカーや飲料メーカー等に販売することで、国産乳製品の需要拡大に努めています。都府県においては、特に冬場に発生する飲用向けで処理しきれない生乳を乳製品に加工し、買取・保管・販売を行っています。
また、缶コーヒーなどの原料に使用される業務用の牛乳を飲料メーカーに販売することで、牛乳の需要拡大にも取り組んでいます。

概況・データ

生乳・乳製品の取扱高の推移

全国で生産される生乳728万トン(2018年度)のうち、全農(本所)の取り扱いは146万トンで、約2割を占めています。

生乳・乳製品の取扱高の推移

取り組み

生産支援等

毎年開催している「酪農経営体験発表会」では、全国から選ばれた優秀な酪農家が、経営内容や技術を自らの体験を踏まえて発表し、先進的な取り組みを広く共有することで、生産基盤の維持・拡大に役立てていくことを目指しています。
また次世代の人材育成を目指し、日本コカ・コーラ(株)と連携して高校生らを対象とした出張授業を開催しています。講師には女性酪農家を招き、酪農のやりがいや魅力を発信しています。
都府県の酪農家にむけて、北海道の優良な乳牛の導入支援も行っています。

出前授業の様子

農協牛乳

協同乳業(株)をはじめ東北協同乳業(株)など全国の関係乳業と連携し、「農協牛乳」を消費者のみなさまへお届けしています。2019年には、生乳を73%使用した「農協珈琲」を協同乳業(株)から関東地域で発売するなど、新製品の開発も進めています。