みのりのおと

全農グループで働く人が輝き、
つながり、分かち合う場所。

最新号のご案内

みのりのおと 想いをひとつにするグループマガジン創刊!

Vol.02 夏号

全農グループで働く全ての人が輝き、つながり、分かち合う場所を作りたい。そんな想いから立ち上げられたグループ広報誌『Minorinote(みのりのおと)』。今号では、山形県や宮城県、鳥取県でのロケも実施し、事業や仕事内容の紹介にとどまらず、私たちの日々の“食”や“暮らし”に寄り添った内容も満載です。全農グループで働く仲間一人ひとりの想いや情熱、挑戦が、どんな“みのり”につながったのか……ぜひご覧ください。

全ページを見る

巻頭インタビュー

週末に、さくらんぼ農園で“いっくど”働いてみた!

近年、深刻な労働力不足に悩む農家を支援するべくスタートした「労働力支援」。新たな事業のカタチとして全国で次々に取り組みが始まっています。今回は、全農グループの仲間がJA全農山形県本部とJTBが連携した「さくらんぼ収穫プログラム」に挑戦! 初めてのさくらんぼ収穫作業や選果作業に奮闘する2人の様子に注目です!

週末に、さくらんぼ農園で“いっくど”働いてみた!を見る

若手社員のランチミーティング

暮らしと食の旅
地元民が案内する、ちょっとツウな楽しみ方 in 鳥取

日本全国に拠点を構える全農グループ。各拠点の職員&社員が働き、暮らす街ってどんなところなのか気になりませんか? そこで、全農グループの拠点がある街の魅力をお届けする企画がスタート! 記念すべき初回は鳥取県を訪れ、地元民だからこそ知る新たな魅力を教えてもらいました。皆さんも少し仕事から離れて、旅気分を味わってみませんか?

暮らしと食の旅 in 鳥取を見る

和牛が食卓に届くまで

全農グループの生活関連事業とは?

全農グループでは地域活性化と組合員の日々の暮らしに寄り添った幅広いサービス・事業も展開しています。今回は、組合員の毎日の生活に全農グループがどのように関わっているのかをわかりやすくご紹介。JAグループのプライベートブランド「エーコープマーク品」の開発に携わるメンバー3名に聞いた開発秘話も必見です!

全農グループの生活関連事業とは?を見る

プロジェクトストーリー

東北6県の力を結集!
全農東北プロジェクト

今年で発足から8年目を迎えた「全農東北プロジェクト」。東北6県の県本部が連携し、東北産農畜産物の販売力強化やPR活動を行っています。今回は、プロジェクトの中心メンバーである若手職員3人にインタビュー。6県が集まるからこそ生まれるアイデアや新たな可能性、そして今後の展望を聞きました!

全農東北プロジェクトを見る

バックナンバー