平塚 営農・技術センター発

食育活動のとりくみ

 

食育基本法(平成17年6月10日制定)の前文には、

食育による

「健康で文化的な食生活の実現」、
「消費者と生産者の信頼関係の構築による地域社会の活性化」、
「豊かな食文化の継承及び発展」、
「環境と調和の取れた食料の生産及び消費の推進」
「食料の自給率向上に寄与する」

ことなどがあげられています。

 

あわせて、国・地方公共団体が講ずる基本施策のもとに、
国民・家庭、教育関係者および農林漁業関係者、食品関連事業者等が食育を行うことの責務が定められています。

 

ここJA全農 営農・技術センターでは、食育基本法が制定された年の平成17年(2005年)9月に「食育プロジェクト」を発足し、
食育基本法に添いながら次のことを目的に近隣小学校と連携し、稲の栽培を通じた食育に取り組んできました。

 

末来をになう子どもたちに食の大切さを学んでもらいたい

地域農産物・国産農産物をもっと食べよう(自給率の向上)

JAや営農・技術センターの社会的役割を知ってもらおう

 

−食育体験の学習が終わって−

「食べ物の大切さ、農業の大切さがわかった」

「全農やJAのやっている社会的な役割がわかった」

「これからは学校でもわが家でも国産の安全・安心な農作物を食べよう」

など子どもたちからの声も届きました。

食育活動の歩み

 

2005年9月 : 「食育プロジェクト」発足 近隣小学校と連携し、食農教育の取組み開始
2013年〜2017年 : JAとの連携による「うぃずOne」を活用した食育活動のとりくみ
2012年〜  : 平塚市内小学校の見学受け入れ開始

 

平塚市内小学校の見学について

 現在営農・技術センターでは、平塚市内の小学校を対象に、農業や食育に関する授業を行っています。3年生で「野菜」、5年生で「稲」の授業を行うのに合わせ、「野菜編」では「平塚市の農業と野菜づくり」「たのしい野菜の話」「田んぼの生き物」のテーマについて、「稲編」では、「全農の業務と営農・技術センターの役割」「米作りについて」「田んぼの生き物」についての授業を行っています。毎回参加された小学生の皆さまからは、大人顔負けの質問などもあり、たいへん盛り上がっています。小学校から授業の感想をまとめたものをもらうこともあり、こちらとしても授業をした甲斐があったと嬉しくなります。

 

年度別見学受入数

年度 受入学校数
(3年生)
受入児童数
(3年生)
受入学校数
(5年生)
受入児童数
(5年生)
2012 356
2013 16 1,353
2014 110 13 1,164
2015 235 843
2016 229 10 881
2017 128 784
2018 110 10 891
2019 111 456

授業の様子

 

2019年6月7日 平塚市立崇善小学校

2019年9月12日 平塚市立松延小学校

 

2019年11月6日 平塚市立城島小学校