グリーンレポート

グリーンレポート表紙用写真募集

グリーンレポートは全農が発行する月刊誌で、営農・技術情報、生産現場の取組み、青果物の販売などを掲載しています。
一般の方も有料でご購読いただけます。お申込みはこちらです。

613

2020.7

目次

巻頭連載 これからの日本農業と農業技術 第4回
日本農業を支える野菜の新品種
視点 農家手取り最大化に向けたJAグループの取り組み:JA全農にいがた
一本足打法から二刀流へ、
JAグループ新潟がワンチームで取り組む園芸振興
JAと連携した農業普及活動 第16回 徳島県上勝町を葉わさびの産地へ
栽培技術セミナー 小型ペーパーポット苗を利用したかぼちゃの省力化技術
栽培技術セミナー ブロッコリーとの輪作によるナス半身萎凋病の抑制 10
施肥技術セミナー キャベツ、はくさいの全量基肥栽培に対応した
CDU入り混合堆肥複合肥料
12
防除技術セミナー イネウンカ類の抵抗性管理 14
太鼓判 おすすめ品種紹介 第4回 たまねぎ 16
優良「受賞」産地を訪れて 奈良県 生駒郡平群町 中尾佳照さん・由美さん
産地の意識を改革し「平群の小菊」をトップブランドへ
18
こちら営農・技術センター 「うぃずOne」をきゅうり栽培に導入 20
インフォメーション 全農オリジナル資材の紹介 21
インフォメーション いちご本圃でハダニ防除を成功させるポイント 22
インフォメーション 新鮮な青果物を、より早く、効率的に卸市場へ 23
がんばる担い手 高知県香南市 水田一樹さん
これまでも、これからも、地域とともに
「よりよい未来」をつなぐ農業人として
24

612

2020.6

目次

巻頭連載 これからの日本農業と農業技術 第3回
日本農業を支える大豆の新品種
視点 農家手取り最大化に向けたJAグループの取り組み:JA全農あきた
トータルコスト低減に向けたモデル経営体の取り組み
JAと連携した農業普及活動 第15回 ナシ園地確保・流動化の推進による産地の維持と省力栽培技術の導入推進
栽培技術セミナー 換気窓連動の二酸化炭素施用により
暖地トルコギキョウの冬季生産における収益が向上する
栽培技術セミナー ミニトマトの裂果を減らす環境制御法 10
施肥技術セミナー 灰色低地土における施設きゅうり栽培でのリン酸減肥 12
防除技術セミナー ナミハダニの殺ダニ剤抵抗性 14
太鼓判 おすすめ品種紹介 第3回 にんじん 16
優良「受賞」産地を訪れて 富山県 下新川郡入善町 (有)アグリゴールド矢木
労働力も機械も皆で共有 地域全体で発展する
18
全農が進める農業最新技術 担い手が「ゆめファーム全農普及版」を導入 20
こちら営農・技術センター 品種選びからクレーム対応まで幅広く
「食品チーム」の仕事
21
インフォメーション 6月はJAグループ「安全防除運動」推進月間 22
インフォメーション 業務用多収米の生産振興に向けた取り組みを加速 23
がんばる担い手 滋賀県彦根市
農事組合法人フレンドリーファームいしでら 上田泰行さん
将来の経営を担う人材の確保と育成により、
企業的な農業経営をめざす
24

611

2020.5

目次

巻頭連載 これからの日本農業と農業技術 第2回
実需者・消費者ニーズに応える麦類の新品種
視点 農家手取り最大化に向けたJAグループの取り組み:JA全農あおもり
地域に合った実践メニューを策定し、情報を共有して成果を発信する
JAと連携した農業普及活動 第14回 集出荷情報システム「菊の助」を活用したキクの産地振興
栽培技術セミナー ぶどうの着色を改善させる
環状はく皮のメカニズムと処理適期
栽培技術セミナー 温州みかんにおける着花数予測技術の開発 10
施肥技術セミナー くり幼木の凍害を回避するための窒素施肥時期の見直し 12
防除技術セミナー 茨城県のねぎ栽培における
薬剤抵抗性ネギアザミウマの発生状況とその防除対策
14
太鼓判 おすすめ品種紹介 第2回 キャベツ 16
優良「受賞」産地を訪れて 長崎県 JA島原雲仙 雲仙ブロッコリー部会
長崎県の露地野菜産地をけん引するブロッコリー部会の躍進
18
全農が進める農業最新技術 営農管理システム「Z-GIS」を活用した
土壌診断結果のマップ化
20
こちら営農・技術センター 「作物栽培総合技術研修」開催 21
インフォメーション 水田に挿すだけで秋落ちの発生リスクを診断できる 22
インフォメーション 段ボール箱の通気穴の有無による
予冷効果、強度を検証
23
がんばる担い手 新潟県長岡市(有)ウィング 代表取締役 羽鳥 始さん
アクティブな農業で地域活性化に貢献
24