ページ内を移動するためのリンクです

よくあるお問い合わせ

果汁飲料に関するお問い合わせ

1.果汁飲料で「濃縮還元」とはなんですか?

「濃縮還元」とは、搾った果汁を一旦5倍程度に濃縮し冷凍貯蔵した物を、ジュースとして容器につめる際、水で戻す製法を言います。 一方、そのまま搾った果汁を容器に詰めたものを、「ストレート」といいます。

お肉に関するお問い合わせ

1.食肉(お肉)の部位を教えてください。

「牛」「豚」「鶏」の主な部位は以下のとおりです。

*お肉の表示ハンドブック〔改訂版〕((財)日本食肉消費総合センター)による

2.食肉(お肉)の「品名」表示を教えてください

食肉の「品名」は食肉の「種類」と「部位」を記載しています。たとえば、「牛かた」は牛(種類)のかた(部位)、「牛ロース」は牛(種類)のロース(部位)…といった具合です。また、食肉の性質上、部位の表示が困難な場合(ひき肉・小間切れ)は、食肉の「種類」と「用途又は形態」 を組み合わせて名称としています。たとえば、「豚ひき肉」は豚(種類)のひき肉(形態)です。

3.牛肉のトレーサビリティについて教えてください。

「牛の個体識別のための情報の管理および伝達に関する特別措置法(牛トレサ法)」が平成16年12月1日から施行されました。これにより、国内で育てられたすべての牛に10桁番号(個体識別番号)をつけることが義務付けられました。この番号は、お店などで販売されている牛肉に表示されており、さかのぼって、そのもとになった牛の品種、いつ・どこで生まれ、育てられ、とさつされたか、などの生産履歴を知ることができるようになりました。知りたいときに、いつでも自分が食べている牛肉の生産履歴がわかるって、安心ですよね。

<一口メモ>
生産履歴の検索は、(独)家畜改良センターのホームページにアクセスし、検索手順に従って個体識別番号を入力すると、見ることができます。

(独)家畜改良センター ホームページへ

卵に関するお問い合わせ

1.賞味期限内の「しんたまご」は生で食べて大丈夫ですか?

ヒビがなく、正しく保存(冷蔵庫で適正温度で保管など)されているものであれば、賞味期限内での「生食」は大丈夫です。ただし、食器や調理器具などから雑菌が混入する場合がありますので召し上がる際には、割置きなどせずにお召し上がりください。
また、火を通して召し上がる場合でも、調理途中で放置されたり、出来上がってから放置されますと、雑菌が繁殖しやすくなりますのでご注意ください。

<一口メモ>
卵にヒビを入れないためには、購入してからもって帰るまでの取り扱いや、購入後の保管方法に注意が必要です。購入後に冷蔵庫で保管する場合、頻繁に開閉するドア側の卵ポケットでなく、内部の棚にパックごと保管したほうが振動はすくなくて良いそうです。ぜひ、お試しください。

(*詳しくはJA全農たまご(株)ホームページをご覧ください。:しんたまご

2.無精卵に比べ有精卵のほうが栄養価が高いと聞いたのですが本当ですか?

有精卵と無精卵の違いは受精しているかどうかです。よって無精卵に比べ有精卵の方が栄養価が高いということはありません。なお有精卵では20℃以上で細胞分裂が始まり品質の劣化が起こりやすくなります。

3.卵のカロリーはどれぐらいあるのですか?

卵の1個あたりのカロリーは、80kcal程度といわれています。

<一口メモ>
人の体内で作ることのできない8種類の必須アミノ酸をバランスよく含んでいるかどうか表す指標に、「プロテイン・スコアー」があります。それらアミノ酸がどれか一つでも不足すると指数は低くなりますが、卵のプロテイン・スコアー指数は最も理想的とされる100となっています。
(*詳しくはJA全農たまご(株)ホームページをご覧ください。:プロテイン・スコアーとは

4.卵に含まれる「レシチン」ってなんですか?

レシチンは、卵黄を意味するギリシャ語のレキトースに由来する言葉で、語源どおり卵黄に多く含まれています。
レシチンには、体内に蓄積されたコレステロールを分解する酵素を、活性化させる働きがあるといわれています。

*たまご、その安心を食卓にのせて(全国鶏卵消費促進協議会)による

5.卵は貧血の人によい食べ物だと聞きましたが、本当ですか?

貧血というのは、血液中に含まれる赤血球が異常に低下している状態ですが、その原因は、出血等の他に「食物成分の不足」があります。特に食物中の鉄・蛋白・ビタミンB12、6、葉酸と密接な関係があるそうです。
卵にはこれらの造血要素というべき成分を含んでいますので貧血の人にはよい食物ということができます。

6.卵の鮮度を見分ける方法は?

家庭で行える最も確実な方法は割卵してみることです。平らな皿の上に卵を割り落としてみて、卵黄が丸く盛り上がり、大量な濃厚卵白がこれを囲んでいて、水様卵白の少ないものが新鮮な卵です。反対に卵黄が扁平で濃厚卵白が少なく大きく広がるものは古い卵です。
(*詳しくはJA全農たまご(株)ホームページをご覧ください。:卵の鮮度を見分ける方法は?

牛乳・乳製品に関するお問い合わせ

1.賞味期限が1~2日過ぎた牛乳を飲んでも大丈夫でしょうか?

賞味期限とは、未開封の状態で、表示されている保存方法に従い保管されていることを条件に、メーカーが品質を保証できる期限です。
賞味期限を過ぎると、品質が劣化し飲食に適さないものも出てくるため、飲むことはおすすめ出来ません。かりに飲まれる場合でも、外観、におい、味等を確認し、わずかでも不安があれば飲まないでください。

<一口メモ>
牛乳の日持ちは、その製品の保存状況などにより左右されます。良好な保存状態であれば、賞味期限は1~3日程度余裕をもって設定されているため、期限を過ぎたからといって直ちに品質が劣化するものではありませんが、逆に表示されている保存方法を守らないと、期限内であっても飲食に適さない場合があります。
また、開封後は空気中の雑菌等により汚染され、劣化が早くなることがありますので、開封後は賞味期限に関係なく、出来るだけ早く飲みきってください

農薬に関するお問い合わせ

1.作物に散布された農薬はどうなるのですか?

収穫するまでに、農薬は風や雨などで作物から落とされたり、紫外線によって分解されたりします。作物自身の力でも農薬は分解され、分解されることによって毒性は失われます。
また、収穫後、みなさまの手に届く間でも農薬は分解されます。調理するときに水で洗ったり、煮たり、焼いたりすることによっても、農薬が流されたり分解したりします。

2.残留農薬がとても心配なのですが。

農薬を製造・販売するためには農林水産省の登録を取ることが必要です。
登録のためにはさまざまな毒性試験が行われますが、その一つに残留作物試験があります。この試験をもとに、厚生労働省が、「この基準以下であれば一生その作物を食べ続けても安全であるという量」を「作物ごと」に「残留基準」として定めています。
また、収穫物に残留する農薬が農薬基準を下回るように「農薬を水で希釈するときの倍数」、「収穫の前何日まで使っていいか」などの基準が定められています。
ということで、これらを正しく守って栽培していれば、残留農薬の心配はまずないと考えられます。また、市場に出回る農産物については、地方自治体の食品衛生監視員が抜き取り検査を行ない、残留基準が守られているか厳しいチェックをしています。

日本は、高温多湿で病害虫が発生しやすい環境にあり、限られた耕作地と労働力の中で安定的に作物を収穫するために、現在では農薬が防除の中心になっています。
農薬を使わずに作物を栽培したたらどうなるのか・・・JA全農営農・技術センターでは、この実験をしてみました。実に、農薬を使用した畑と比べて、収穫量は約60%、出荷できるものになると約48%と大幅に低下する結果となりました。

*データは1993年JA全農営農・技術センター試験結果による

ページ上部へ