ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2016年01月26日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

新技術(DNAチップ法)による牛呼吸器病症候群病原体遺伝子一括検査実用性評価の開始について

 JA全農は平成28年2月中旬より、従来の遺伝子増幅法に、東芝メディカルシステムズ株式会社の独自技術であるDNAチップ法という遺伝子検出法を組み合わせ、感度と精度をあげた世界初の検査法を用いた牛呼吸器病症候群(BRDC)病原体遺伝子一括検査の実用性評価を畜産生産部家畜衛生研究所クリニックセンターで開始します。

概要

DNAチップカード

1.検査の目的
 本検査は実用性評価試験終了後、全農クリニック制度の検査メニュー化を予定しています。複数病原体遺伝子の一括検査により牛呼吸器病の複合感染状況がより正確に把握できるようになり、牛の死亡事故を防ぎ畜産生産者の生産性向上が期待されます。

2.技術的特長
 従来の遺伝子増幅法に、東芝メディカルシステムズ株式会社の独自技術であるDNAチップ法という遺伝子検出法を組み合わせ、感度と精度をあげた世界初の検査法です。複雑な検査プロセスを全て名刺大1枚のDNAチップカードに収納。核酸サンプルをこのカードに注入後、専用機器にセットし約85分で検査が完了します。1サンプルから複数の病原体遺伝子の一括検出が可能となり、複合感染の状況を把握できるようになります。

3.検査の手順                     
 農場で牛から採取した検体(鼻汁)を全農クリニックセンター(千葉県佐倉市)に送付していだだくと、DNAチップ法を使いセンターで検査を行います。

4.JAグループを挙げて畜産生産者の検査費用負担を軽減
 一括検査による簡便化と迅速化が進み、今までよりもご利用いただきやすい検査費用でサービスを提供できるようになります。また、本検査はJAグループ自己改革メニューの一つである「農業所得増大・地域活性化応援プログラム」における事業として一部助成されます。






 



多疾病同時分析装置

「農業所得増大・地域活性化応援プログラム」とは(参考)

 平成26年度からはじまった農林中央金庫による事業規模2兆円、真水1,000億円規模の農業生産者への助成事業。プログラムの運営については、全農・全共連・農林中金を中心とする事業連が、それぞれの事業を通じて、担い手の生産拡大・生産コスト削減に直接寄与する施策や、地域活性化に資する施策を展開します。「生産コスト低減応援事業」第一号事業「畜産酪農におけるDNAチップ普及促進応援事業」として上記検査費用に対する平成30年度までの一部助成が決まっています。

一覧に戻る

ページ上部へ