事業承継への取組

 事業承継の取り組みは、自らも農業後継者として事業承継に直面していた全農職員の問題意識から始まり、事業承継ブックの発行とともに全国に取り組みが拡大してきています。全農としては、事業承継を農業界の最重要課題として捉え、JAグループの創造的自己改革の一環として、TAC活動を通じた事業承継支援を進めて参ります。

事業承継ブック

 平成29年1月に「事業承継ブック~親子間の話し合いのきっかけに~(事業承継ブック親子版)」を、平成30年3月に「事業承継ブック~世代を超えた話し合いのきっかけに~(事業承継ブック集落営農版)」を発行しました。趣旨に賛同するJAを中心に、TAC等の訪問ツールとして活用をしてもらうこととしています。そのため本冊子は、事前に配布希望のあったJA等にのみ配布しております。農業者及びJAグループ等の方で配布を希望される方は、各県の県域TAC担当部署もしくは県域担い手サポートセンターを通じて、全農本所TAC推進課へお問い合わせください。
※全国のJAで事業承継支援への取り組みが始まってきておりますが、全てのJAで取り組みを行っているわけではありません。

事業承継ブック親子版 概要

○全42ページ、オールカラー

○「準備編」、「実践編」の二部構成
【準備編】
 ・親子それぞれの事業承継のタイプ分け
 ・事業承継項目(人、モノ、お金、情報、顧客)の確認
 ・「気持ちを伝えるシート」の活用
【実践編】
 ・STEP1「作成のルールを確認する」
 ・STEP2「ライフプランを立てる」
 ・STEP3「経営の実態を把握する」
 ・STEP4「事業承継タスクを整理する」
 ・STEP5「事業承継計画を作成する」

○作成主体:
 全農
 NPO法人農家のこせがれネットワーク

○作成協力:
 全国農協青年組織協議会(JA青年部)
 全国農業青年クラブ連絡協議会(4Hクラブ)

○事業承継ブック親子版PDF:

単ページ版 (PDF:6.1MB)

見開き版 (PDF:6.0MB)

※掲載するデータの著作権は、全て全農に帰属します。全農の同意なく無断で複製・使用することを禁止します。

事業承継ブック集落営農版 概要

○全56ページ、オールカラー

○「知識編」「準備編」「実践編」の三部構成
【知識編】
 ・統計や地域の歴史、集落営農組織のタイプ等を確認
【準備編】
 ・「気持ちを伝えるシート」の活用
 ・子世代座談会の開催
 ・実践編に向けたアンケート調査
【実践編】
 ・STEP1
  「集落営農組織の【人】について確認・協議しましょう」
 ・STEP2
  「集落営農組織の【農地】について確認・協議しましょう」
 ・STEP3
  「集落営農組織の【共同利用】について確認・協議しましょう」
 ・STEP4
  「集落営農組織の【経営状況】について確認・協議しましょう」
 ・STEP5
  「構成員宅で集落営農組織の今後について話をしましょう」
 ・STEP6
  「集落営農組織 10年プランを立てましょう」

○作成主体:
 全農
 全中

○作成協力:
 JAグループ茨城(全農茨城県本部)
 JAしまね
 JAふくおか八女

○事業承継ブック集落営農版PDF:

単ページ版 (PDF:3.6MB)

見開き版 (PDF:3.5MB)

※掲載するデータの著作権は、全て全農に帰属します。全農の同意なく無断で複製・使用することを禁止します。

地上連載 「事業承継~次世代へのバトンパス~」

日本農業新聞

啓発広報
連載広報「事業承継 ~次世代へのバトンパス~」
2017年は団塊世代が70歳代に突入していく年であり、次世代へのバトンパスは待ったなしの状況だ。
この課題に向き合う「親子・家族」とそれをサポートするTACの姿を追う。

Vol.1 福井県 JA花咲ふくい (PDF:1.1MB)

Vol.2 広島県 JA広島中央 (PDF:819KB)

農業協同組合新聞 電子版

事業承継プロジェクト会議

 全農では、事業承継に積極的に取り組む全国5県のJAと県域(全農県本部、県中央会)、全中、農林中金、全共連、JA全青協をメンバーとした「事業承継プロジェクト会議」を立ち上げ、全3回の議論を通じて、「JAにおける事業承継の活動コンセプトづくりシート」を作成しました。
 データは、各県の県域TAC部署及び県域担い手サポートセンターへ送付しております。