全農グループ役職員行動規範

全農グループ役職員行動規範

施行:平成14年9月1日
改定:平成27年4月1日

1私たちは、JAグループの一員として、組合員の視点に立って誠実に行動します。

  • (1)日本農業を守り発展させるために、元気な産地づくりに取り組みます。
  • (2)営農と生活を支援し、事業活動を通じて、組合員に貢献します。
  • (3)国産農畜産物の取扱・消費拡大に取り組みます。
  • (4)組合員の多様なニーズに、的確・迅速に応えます。

2私たちは、消費者に安全・安心で信頼される商品・サービスを提供します。

  • (1)適正表示、トレーサビリティ、安全点検サービスを通じて、消費者・取引先の信頼に応えます。
  • (2)品質管理を徹底し、JAブランド・全農ブランドの価値を高めていきます。
  • (3)消費者から理解と信頼を得られるよう、広報活動に取り組みます。

3私たちは、高い倫理意識を持って行動します。

  • (1)会・会社の資産は、業務以外の目的のために使用しません。
  • (2)社会的常識・儀礼の範囲を超える贈答や接待の授受は行いません。
  • (3)公務員との関係は、国家公務員倫理法などに則り、健全な関係を維持します。
  • (4)車両の利用管理を厳格に行い、飲酒運転などの反社会的な行為はしませ ん。
  • (5)業務上の立場を利用して、自己および近親者または知人へ、利益の誘導となる行為はしません。
  • (6)反社会的な個人・団体に対しては、一切の利益、便宜の供与は行いません。

4私たちは、法令を遵守します。

  • (1)経理処理は、法令、会計原則、経理規定・規則などで定められた基準にもとづき、適正に行います。
  • (2)定款・諸規定を十分理解し、職務権限にもとづき職務を遂行します。
  • (3)独占禁止法など関係法令を遵守し、公正かつ自由な競争による事業活動を行います。
  • (4)事業に関連する法令を理解し、許認可、登録、諸届けなど各種手続を適正に行います。
  • (5)他者が保有する知的財産の権利を侵害しません。また、会・会社が保有する知的財産は適切に管理し、使用します。
  • (6)個人情報や機密情報は厳重に取り扱い、漏えいや目的外使用をしません。また、インサイダー取引は行いません。
  • (7)事業運営について、会員・株主に対して、適切かつ公正に情報を開示します。

5私たちは、お互いを尊重し、働きがいのある職場をつくります。

  • (1)人種、民族、国籍、宗教、信条、出身、地位、性別、年齢、身体的障害、健康上の問題など事由のいかんを問わず、差別や嫌がらせを行いません。
  • (2)セクシャル・ハラスメントやパワー・ハラスメントは行いません。
  • (3)安全で衛生的な職場づくりに努め、労働災害を防止します。
  • (4)プライバシーを尊重し、保護します。
  • (5)職場の規律を守るとともに、相互理解を深めるため、コミュニケーションに努めます。
  • (6)一人ひとりが、資質の向上とより高い専門知識の修得に努めます。
  • (7)自分の健康は、自分で守るという自覚を持ち、健康の維持・管理に努めます。

6私たちは、事業活動を通じて、地域社会に貢献します。

  • (1)次世代を担う子どもたちに、農業や食料の大切さを伝える場を提供します。
  • (2)消費者や地域住民との交流をすすめます。
  • (3)スポーツや文化活動の振興を支援します。
  • (4)チャリティ活動やボランティア活動への認識を深め、地域の活動に取り組みます。

7私たちは、地球の環境保全活動に取り組みます。

  • (1)農業のもつ多面的な機能が環境に果たす役割について、社会的な理解が深まるよう努めます。
  • (2)自然環境や生態系に配慮した、農業の持続的な発展に貢献します。
  • (3)廃棄物の減量、資源の有効活用に努め、汚染の予防をはかります。

全農グループコンプライアンス推進体制図

全農について