労働力支援・農泊・農福連携

生産現場の労働力確保を支援する取り組みを核に、障がい者の方々を生産現場の労働力として受け入れる「農福連携」、農村に宿泊し自然や農業などにふれあう「農泊」の事業化に取り組みます。

全農が描く農業を核とした地方創生

農業の人手不足が大きな課題となるなか、全農は、地元企業と連携することなどで、人手不足に悩む農家と農作業をしたい人材のマッチングを実践し、今後、各地に広げていく方針です。また、障がいを持つ方々を生産現場に受け入れる「農福連携」の推進、農村・農家に滞在し、地域の自然や農業などにふれあう「農泊」の事業化もすすめます。こうした取り組みを通じて、幅広い人々が農業に触れる機会を創出し、農業をしてみたいという人材を一人でも多く生み出すことで、地域の活性化、地方創生を目指します。

全農の地方創生への取り組みイメージ

全農おおいたの労働力支援の事例

全農おおいたでは地元のJAやパートナー企業等と連携し、野菜や果樹の収穫・選別を中心に幅広く作業を請負い、成果を上げています。

全農おおいたによる労働力支援の概略図

全農について